時間と時刻の話・・・・定時法と不定時法

季節によって1時間の長さが変わらないのが定時法、変わるのが不定時法です。現在一般的に使われているのは定時法です。でも歴史的には、同じ単位が定時法でも不定時法でも用いられているので、どちらが使われているか注意が必要です。

江戸時代の生活でも時刻は大切な指標に違いなかったでしょう。でも現在のわたしたちの使う時刻と根本的に違うところがありました。江戸時代は季節に関係なく夜明けの時刻と日の入りの時刻は同じでした。不定時法といって、1日を昼と夜に分け、それぞれを6分割して時刻を決めていました。 当然のこと昼の長さは季節によって変化しますので、1時間の長さも季節によって変化します。

具体的には、江戸時代では夜明けを明六つ、日の入りを暮六つとして、その間を6等分して昼の時刻を決め、暮六つから明六つまでを6等分して夜の時刻を定めていました。そして時刻の表示は、厳密な記録ではたとえば「明7時7分」のように表され、この場合は、夜明けを明6時として、その季節での夜明けから日の入りまでを6等分したうちの1時間分と1時間 分の十分の七(7/10)だけ過ぎた時刻を表しています。

こうした不定時法で江戸時代の人々は生活をしていましたから、一日の労働時間は、夏は長く冬は短くなってしまいますが、とくに大きな問題もなかったようです。この時刻の決め方では、季節に関係なく明9時(明九つ)と暮9時(暮九つ)は同じになります。夜明けはいつも明六つで日の入りはいつも暮六つという時間の決め方ですから、現代では到底受け入れられませんが、時間そのものも支配者のものだったといえるかもしれません。

さて、江戸時代の技術屋さんにとっては、この不定時法は季節によって時間が違うと言いうことで、別に普遍的な基準となる時間の定義が必要でした。そこで考案されたのが1日=100刻という単位です。これでいくと1刻の長さは、現代的な表記では14.4分ということになります。また時刻には十二支を使った十二辰刻がよく使われました。1辰刻の間隔は、現代的な表記では2時間となります。各刻の初めは初刻、真ん中は正刻といいました。現代的な時刻表記で23時から1時までにあたるのが子の刻で、この中央が子の正刻=正子です。以下2時間ごとに十二支を順番に割り当てられました。現代的な表記で11時から13時までにあたるのが午の刻で、この中央が午の正刻=正午です。正午の前の時間帯が午前、後ろが午後という表現は今でも使っています。

現代を生きるわたしたちは時刻を見ながら生きていますが、昔の人々はそれぞれの季節の朝と昼と夜が生活の基準でした。それが科学技術の進歩とともにより細かい時刻の正確さが必要になってきました。学問的には正確な時刻というのは暦の正確さということになります。過去においては、正確な時刻を決めるために、いろいろな場面で時刻の考案がされ「刻」や「分」という表現が使われますが、常に同じ定義とは限らず、異なる定義が混在することさえありました。

暦法上一般的には1日=100刻=12辰刻=現24時間、すなわち1辰刻=8+1/3刻=現2時間となりますが、古代の具注暦では1日= 50刻=12辰刻、1辰刻=4+1/6刻、延喜式では、1日= 48刻=12辰刻、1辰刻=4刻となっています。現在、私達が日常において使用している時間の数え方は、地球が太陽を1周するのに要する日数(1回帰年=365.2422日)を365日として数え、毎年の余りとなる0.2422日分の誤差を修正するために、4で割り切れる年を閏年として1日増やし(1年=366日)、100で割り切れる年を平年(1年=365日)とし、ただし400で割り切れる年は閏年とする、という方法で、グレゴリオ暦と呼ばれています。
スポンサーサイト

病気が少しずつではあるが確実に日ごとに良くなっていくことをあらわすのに「病が薄紙を剥ぐようによくなる」という表現がある。この言い回しは、いままで靄がかかって明確にならなかったことが少しずつはっきりしていく様子を表しているのだと感じる。目から鱗が落ちるというのと似ている。 

 ところで白内障は水晶体が濁ってものが見にくくなる病気だが、手術をすると元のようによく見るようになる。なかには人生観が変わるという人もいるほどだ。澄みきった水や空をみると感動を覚えるが、それは遠い昔に忘れてしまっていたことを思い出しているのではないか。子供の頃はものの境界線がはっきりしていた気がするが、大人になるにつれて境界線は複雑怪奇に見えてくる。

薄紙を貼っていつもの知らんふり

今朝は雪景色、気温はマイナス1℃

今月の兵庫県内の最低気温は表のようになっている。
今週の冷え込みが厳しい

地点  最低気温の最低   平均気温の最低  最高気温の最低
    値(℃)  日      値(℃) 日        値(℃) 日
香住     -3.9 1月24日   -2.4 1月24日    -0.8   1月24日
豊岡     -4.3 1月13日    -2.0 1月24日  0.0    1月24日
兎和野高原 -7.7 1月24日   -6.0 1月24日  -3.7   1月25日
和田山   -6.9 1月13日   -2.4 1月25日  0.1    1月26日
生野     -6.8 1月13日   -3.5 1月25日  -1.3   1月25日
柏原     -5.8 1月13日   -2.4 1月25日   0.4   1月25日
一宮     -6.7 1月13日   -2.9 1月25日   0.3   1月25日
福崎     -5.9 1月13日   -1.5 1月24日   2.1   1月11日
西脇     -7.5 1月13日   -2.5 1月25日   1.1 1月25日
上郡     -7.1 1月12日   -2.0 1月12日   1.6 1月24日
姫路     -5.2 1月12日   -1.0 1月24日   3.1 1月24日
三田     -8.0 1月13日   -3.1 1月25日   0.8 1月25日
三木     -4.6 1月25日   -1.3 1月25日   1.8 1月24日
家島     -3.3 1月25日   -1.3 1月24日   0.8 1月24日
明石     -2.5 1月12日   0.2 1月24日   3.3 1月24日
神戸空港  -3.5 1月25日   0.0 1月24日   4.1 1月24日
神戸     -3.2 1月25日   0.1 1月24日   3.4 1月24日
郡家     -2.6 1月15日     0.9 1月24日   3.4 1月24日
洲本     -2.1 1月24日   0.0 1月24日   3.4 1月24日
南淡     -3.2 1月15日   0.4 1月24日   2.6 1月24日

春の甲子園、センバツ高校野球の出場校の発表があった。
なんと今年は湖国代表が3校も出場するとのこと。
選ばれた3校のうち、県立の2校は進学校でも有名だ。
40年ほど前、わたしが社会人なり立てのころは、
湖国勢は春夏通じてまだ一勝もあげていなかった。
特に我が母校が桐生高校の小暮投手にコテンパンにやられたときのことは今でもよく覚えている。
ガンバレ湖国球児たち!


毎年1月に湖国の奇祭と呼ばれる火祭りがある。

言い伝えによると
約800年前の土御門天皇が病になられたとき、近江の国栗太、野洲の両郡の境に大沼があって、
そこの大蛇が天皇に危害を加えているという。
宮中から軍を差し向けて勝部神社に参篭、ついに姿を現した大蛇を殺し焼いた処、天皇の病気は平癒したという。
その伝承を持つ火祭りが、この勝部神社の火祭りで、長さ約5mの大松明12基で大蛇の胴体を表している。

祭りは午後6時から褌だけの若衆が大太鼓三基を持ってそれぞれが町内巡行をする。
午後8時、その大太鼓が神社境内に入るとやがて大松明も境内に勢揃いする。
若衆は境内に入る時は「ごーよひょーよ。(御悩平癒)」と唱える。
午後8時半頃に大松明に奉火されると、境内一帯が火の海と化す。
その前で若衆が円陣を組んでグルグル回り乱舞する。
プロフィール

えんてつ

Author:えんてつ
FC2ブログへようこそ!
兵庫県の中山間地域に夫婦で住んでいます。
2015年3月に現役リタイヤ-しました。
これから先は未知の世界です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる