スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アネモネ110228

今朝はピリピリ小雨の中、アネモネの蕾を見つけました。
良く眺めてみると蕾は全部で三つ探すことができました。
クリロ-ちゃんにばかり目が行く毎日なのですが・・・・・・
クリロ-ちゃんはまだ花茎を上げようとはしていません。

この子はピンクが刺してきていないので白花かな~♪

暖かい雨も降り、梅も咲いて春が近いという感じです。
スポンサーサイト

福寿草110227

きょうの発見は、梅が一厘、そして福寿草
夕方気がつきました・・・・福寿草は夜は閉じるんですね。なのでいつから咲きかけているのか?です。
ふきタンポポかな~と思いましたが福寿草の立派な花です。
息子のお嫁ちゃんからプレゼントもいただいて、今日のお天気みたいにほっかほかです。
誕生日と言えば、もとお世話になっていたVIPでは、誕生日が同じ人が三人もいて驚いたものです。

花のケ-キ110227

夕方近くになって、郵便屋さんが届けてくれました。

お嫁ちゃんからプレゼントの花のケ-キ~♪
食べられませんと書いてありましたが、お腹いっぱいになりました。

ジャイアントアジュガ110224


春を待つアジュガ
ロゼッタで軽く冬を越し、日陰をものともせず、仲間をどんどん増やす
わたしのようななまくら園芸趣味にとってはこれ以上の仲間はおりません。

クリスマスロ-ズも同じように強いですが、アジュガの生命力のほうが一枚上の感じです。
地味なのでクリスマスロ-ズのようにはお高くもなく持てはやされません。
あえて言うなら、人の通り道には侵入しないでほしい(家内談)。


きょうはこれから免許の切り替えに行きます。
天気下り坂で雨になるとちょい残念ですが草花にとっては恵みの雨です。

オオヘビイチゴ110222

今朝撮った草花
春をまつ宿根草 ポティンチラことオオヘビイチゴ
名前はもうひとつですが、ハ-ブで有名なワイルドストロベリ-がエゾヘビイチゴだから
名前を聞いて引くこともない(笑)。
元気に花茎があがってくると葉っぱの形が冬物と違ってくる。
けっこう背も高く広がるのも早い。雑草と紙一重とはいえど黄色い花は可憐である。

フロントG110222

西暦2011年2月22日 1と2だけの日 七時で気温はマイナス1℃

11-10

大河ドラマのお江ちゃん、色んな重要な場面で本人が登場するのでええっと思いましたが、それはそれ、ドラマの構成としては面白いのかもしれません。清州会議では秀吉が主導権をとりましたがそれはやはり信長の仇をとったことが最大の功績だったからでしょう。柴田勝家は信長の片腕として信長を支えた最大の武闘派でしたが政治的な争いにおいては戦のようには上手くはいかなかった、そうした軍師を持たなかったというか必要性を感じない程に武力を過信していたともいえるでしょうね。

琵琶湖の北、余呉湖と琵琶湖の間にある賤ヶ岳附近で豊臣秀吉と柴田勝家が決戦をしました。賤ヶ岳は400m強の山でいまはハイキングコ-スになっています。頂上に登ると余呉湖と琵琶湖の両方が眺められます。あえて言うなら、余呉湖は「よごのうみ」、琵琶湖は「奥琵琶湖」で初夏のころが一番気持ちがいいです。

賤ヶ岳の戦いでは、秀吉の子飼いの家来たちが大活躍をしました。世に言う賤ヶ岳の七本槍と呼ばれる若者たちです。後々かれらは大名となって豊臣政権を支えることになりますが、秀吉が太閤となって大阪城に君臨したころ、酒の席になると賤ヶ岳のことが思い出話に出たと言われています。賤ヶ岳で敗れた柴田勝家は本拠地の北ノ庄(今の福井市)に戻って再起を掛けますが、秀吉に攻められて城は炎上し、勝家お市の夫婦は自害します。この場面、お市と三人の娘の別れの場面はお芝居や講談になって現代まで続いてきました。

歴史にとっても興味があった頃、秘密裏に仲間と談合してクラブの合宿地を選ぶときも古戦場の近くにしたりしたこともありました。空手道の練習というのは場所や道具がいらないのが幸いで有名な古戦場の近くなどは朝は人も少なく穴場でもありました。で、賤ヶ岳の近くにもお邪魔しました。

さて、賤ヶ岳の七本槍・・・・福島正則、加藤清正、加藤嘉明、脇坂安治、平野長泰、糟屋武則、片桐且元、なんですが、実に蒼々たるメンバ-です。信長に付き従って本能寺でともに討死した小姓・森蘭丸と同じように秀吉の小姓としてつき従った家来たちですね。でもわたしは七本槍にもれた石川兵助が大好きで彼について調べたことがありました。加古川のお花のお友達のお嬢さんにそのお話をお送りしたこともありました(笑)。
そうそう、七本槍というお酒もあったと思います。

夜明け前110221


夜明け前寸前の東の空

今朝は1℃、氷はどこにもありません♪
そして2月も後半戦になりました。

さて、今週も頑張らねば・・・・・戦闘開始!

沈丁花110219

夕方暗くなりかけてから沈丁花にたくさんの蕾があったので撮りました。

ロウバイ

ロウバイ110219

冷え込みが緩んで一気に膨らんだ蕾
良く見たら先っちょが開いてきました。いよいよ開花ですね。

少し前、松江のkiyomiさんのところでもロウバイ開花の便りがありました。
梅の蕾はまだ堅いですが、春はすぐそこです。
なんとなく、浮き浮きわくわくしますね。

宿根草と球根が多い庭なので冬は寒々としていますが、
春を待つこの季節の楽しみは、いくつ芽が出てきてくれるのかな~という期待。

プロちゃん110219

きょうは休日。日もちょっと長くなってワン公との朝の散歩も余裕です。
いつもの10倍ぐらい時間をかけてあちこち眺めながら帰ってきたら
朝日が射してきました。
お日様がでると気温も一気にあがります。なので家には入らずしばし朝日の観察。

あれれ~ 気がついたら・・・・・ここ掘れワンワンかな?

11-9

鳥インフルエンザが全国に広がって近畿地方にも飛び火してきました。ウイルスは渡り鳥の水鳥が感染源だと言われています。ニワトリは集約的な飼育方法になっているので一旦感染するとすぐに広がってしまいますね。ニュ-スでは発生場所から半径10キロ以内の移動うんぬんということをよく聞きますが、根拠はなんだろうと思います。

鳥インフルエンザは人には移らないと言われてきましたがだんだん事情が変わってきました。鳥インフルエンザに限らず人間に移る怖い伝染病はまだまだ未知のものもあるだろうし恐ろしいです。こうした伝染病の世界的情報を管理している機関に「国立感染症研究所」というのがあります。ここの管理する感染症情報センタ-からは地球規模での様々な感染情報を知ることができます。鳥インフルエンザについての情報やQ&Aも掲載されています。

http://idsc.nih.go.jp/disease/avian_influenza/index.html

鳥インフルエンザについては、人間に移るかどうか? 鳥インフルエンザに罹った鳥の肉は食べても大丈夫か? そうした質問についても解説しています。ところでこれまで鳥インフルエンザに罹った鳥の肉を食べても大丈夫だと厚生省は発表してきましたが、それは2006年の情報を元にしていました。今年になって国際的に危険性が指摘されるようになってきました。なので日本の厚生省も見解を変更するかもしれません。

鳥インフルエンザが人に感染すると致死率は50%以上と恐ろしい数値なのですが、カンボジアとエジプトでかなり鳥から人への感染が報告されているようです。人間の肺の奥の奥のほうに鳥インフルエンザの受容体があるようで、感染するにはかなり濃厚な接触がないと不可能だと云われています。

ユ-カリに雪110215

今朝は積雪10センチ、こちらではもちろん大雪です。
水分を含んだ重い雪でどの木も枝が折れそうに曲がっています。
正直、ちょっと心配なんですが・・・・・

でも路面は溶けているようでいつのもように自動車もバスも走っています。

写真は今朝のユ-カリ、けっこう雄大な眺めなんですが、枝はぎしぎし鳴っているみたいに
弧を描いています。

フロント110214

今朝はうす曇り、6時の気温はマイナス4℃、湿度72%
少しずつですが日も長くなってきました。

今週も忙しい週になりそう、いざ出陣です。

ナニワイバラ種

淡雪の溶けたあと、そここことうろうろしていたらナニワイバラの実を発見しました。

ナニワイバラ110213

今朝の気温はマイナス3℃、快晴です。
昨日の午後からときどき雪空でしたが、夜半にうっすら積もりました。

ナニワイバラはとっても良い香りがします。
シュ-トがどんどん出て成長も速いので管理上手な方にはぴったしです。
わたしにとっては、かなり持て余し気味(泣)。
伸び放題のシュ-ト、今朝の雪が重そうです。

苔の花

黒ポットの中、花はもちろん、苗も少ないこの季節なんですが
放りっぱなしのポットに苔の花がいっぱいです。
あっ、苔には花は咲きませんよね。
じつは、蕾のように見えるのは胞子が詰まった朔(さく)ですね。

なんという種類の苔なのかわかりませんが、
注意してみると、いろんな場所で苔を見つけることができました。

クロッカス212

クロッカスが芽を出していました。

アルプス乙女の下は春になるとたくさんのクロッカスが咲きます。
今年はどうなるのかなぁ~とのぞいてみたらもう芽を出していました。
全部で60個ぐらいでていました。
例年紫色がトップを飾るんですが、今年はどうかな~?
写真は上手に勢揃いしている新芽たち。

きょうは岐阜県大垣市の近くまで出張してきました。
大垣駅から養老線に乗り換えて北神戸という駅で下車
田んぼの中を歩くこと20分。
初めて訪問する工場でしたが、広々とした敷地でなんとも羨ましい限りです。

米原から関ヶ原のあたりは雪が残っていました。
それに2月に入って暖かい日が続いていましたが、きょうは気温も低くて
風も強くて心の中で寒いの連発でした。

大垣駅のひとつ滋賀県側の駅が垂井駅で、秀吉の軍師であった竹中半兵衛の故郷で有名ですが
駅のホ-ムにちっちゃな看板がありました。どうせならもっと目立つようにしたら~と思いました。

仕事で岐阜県訪問はけっこう珍しい。
仕事のほうはお話がまとまらずに来週14日に再度訪問することになりました。

11-8

天竜二股城というお城がある。大河天竜川と二股川が合流する地域、今は静岡県浜松市に属している。すでに天守閣というようなものはないが石垣などの遺構は大事に保存されている。

徳川家康の嫡男の岡崎三郎信康が、このお城で自害したのは21歳だったそうだ。徳川信康の名前は、父親の徳川家康の「康」と義父の織田信長の「信」をいただいたもので、歴史をあとから眺める我々にとっては、これ以上にない血統だと思ってしまう。世が徳川の世になったおかげで信康は名誉回復することができたが、織田信長の世が実現していたら、最後まで裏切り者あつかいになったかと思う。

家康は今川義元のもとに人質としてやられ駿府城で過ごしたとされるが、けっこう大事にされていたようで、義元の血縁者の築山殿を妻にした。そしてここで信康が生まれた。しかし、義元が桶狭間で信長に敗れたのをきっかけに家康は人質の身分から解放された。そしてこんどは信長と盟友関係になった。信長にとって家康は最重要な人物ということで信長は自分の娘を信康の妻にした。

がしかし、信康には宿敵今川の血が流れている。そして質実剛健な若武者ぶりが伝えられ武田勢との戦でも大活躍をした。信長の決断は、信康が武田勢と内通しているという理由をつけて自害を求めた。盟友家康の嫡男であり、自分の娘のお婿さんを自害させるという非情なことを実行させた。それが織田家の安泰のためだとしても常道を逸した凄みがある。

信長の命令を受けた徳川側では、信康をかくまうべきだという意見も多かったがお家安泰のためには避けられないことになった。徳川信康は父から自害の命令を受け天竜二股城で切腹をした。今の暦で10月5日だったという。母の築山殿も同じようにこのころ殺害された。まさしく戦国の悲話である。

能110206

二日間にわたって京都で能のお話を聞きました。
能は言わずと知れた日本の伝統芸能ですが、どういうものか知らなかったし
見どころというか、何が面白いのかと思っていましたが・・・・
いろいろと基本的なお話をお聞きしたり、実演を観せていただいたりして
眼から鱗が剥げ落ちた気がしました。

アレキサンドリア

11-7

うちの会社の取引先がエジプトのアレキサンドリアというところにあるんですが
ここ4日ほど、まったく連絡が取れないらしくて・・・品物が納入できないらしい。
アレキサンドリアはカイロから200キロぐらい離れているのですが、混乱は全国に
広がっているようです。

チュニジアの政変がエジプトに飛び火するとは驚きなんですが・・・・
エジプトに政変が起こると一番心配なのはイスラエルでしょうね。
アメリカが従来通りにエジプトのムバラク政権に介入支援できなくなると
スエズ運河が閉鎖されることもあるかも~

ここしばらく、エジプトの行くへは重大です。


それにしてもなぜ北朝鮮では何も起こらないのかな~?

11-6

先週の大河ドラマ「お江」のなかで信長の馬揃えの場面がありました。会社の同僚さんと、あの場面では一豊さんが出てくるのかと思ったんだけどというお話をしました。一豊さんではなくて一豊さんの奥さんのお話なんですが、逸話だという人も多いですが名将言行録にも載っています。

信長が馬揃えを盛大にやると言った時に一番喜んだのは馬商人、そして困ったのは家来の武将たちでした。安土の城下で馬市がひらかれました。「ご家中の皆々様、これなるは東国一の駿馬なり!この名馬を織田のご家中の皆々様には特別に10両で譲って差し上げます!さあさあ、皆様、早い者勝ちでございますぞ!」馬商人がひいている馬は確かに、木曽馬とは異なる毛並みの、立派な体躯をした颯爽とした馬でした。

しかし、10両というのは高い。当時の馬は普通の馬はせいぜい1両、超良馬でも5両するとかなり高価であると言われていたというから、べらぼうな高さです。現代の自動車でいえば2000万円ぐらいかな?馬商人の周りには織田家の家臣や、重臣の部下のような者たちが集まっていたが、誰もが口々に言った。「確かにふたつとはないであろう惚れ惚れする名馬だが、10両とはいささか足元を見すぎであろう。10両は高すぎる。それではさすがに手が出ぬわい。」

その織田家の家臣のなかに山内一豊がいた。「むぅ…欲しい…。」一豊もその名馬を一目見て、その馬が欲しくなった。しかし、貧乏所帯もちろん10両もの金は用意できない。一豊は肩を落として家に戻った。家に帰った一豊だったが、どうしてもあの名馬のことが忘れられない。一豊は、妻の千代にその名馬のことを話してつぶやいた。
「貧しいということが、かほども悔しいものだとはなあ。金さえあれば、あの名馬を買って、お殿様の前に堂々とした姿をお見せできるのに…。」

すると、一豊の妻千代がふとその馬の値段を聞いてきた。一豊は、黄金10両で譲ると申しておった。されど、当家の家計に10両の余裕はないだろう?」と言ったが、千代はにっこり微笑むと、部屋を立った。千代はいつも使っている鏡箱を持って戻ってきた。鏡箱を開けて、中に入っていたものを少し取り出すと、するとそこに黄金が入っているではないか!
「それほどまでに欲しいとおっしゃるなら、このお金でお買い求めくださいな。」

これには一豊もびっくりした。何しろ、これまで余裕がないと言って、かなりの節約生活を強いられてきたのだ。この金があれば、もっと余裕ある生活をできたはずだったのである。「ずっと生活が苦しかったのだ。こんなお金があるなら、早く教えてくれればよかったのに。とは申せ、今はともかくありがたい。これでかの名馬を買うことができる!」
「このお金は私が殿の元に参りますときに、父が生活のためには使うな。旦那様となる方の一大事の時に使いなさいと言って入れてくれたものです。さればこそ、生活がどんなに苦しくても、このお金は出さずにおきましたが、今こそは殿の「一大事」と心得ます。

 とまぁ、こんなお話でした。たしか大河ドラマにもなりましたよね。


話は変わって、先週のドラマでは、明智光秀の娘のお玉ちゃんも登場しましたね。お玉ちゃんは細川忠興という名門家の若者に嫁いで夫婦円満幸せに暮らしますが、父の明智光秀が信長を倒すという本能寺の変によって数奇な運命にさらされます。

明智光秀は、信長を倒した後すぐに娘婿の細川忠興に味方になるように勧めます。しかし忠興はそれを拒否して豊臣秀吉側につきます。しかし、最愛の妻は光秀の娘ということで累が妻のお玉ちゃんに及ぶのをさけるためにお玉ちゃんを丹後半島の山奥の味土野に幽閉というかたちで匿います。味土野は宮津から舟屋で有名な伊根町へ行く途中から分かれて山中に入ります。釣りで伊根の青島通いをしていたころに、風が強くて釣りをあきらめて味土野へ行ったことも何回かありました。

細川忠興は、武力、知力、政治力に優れた武将で、最終的に肥後熊本のお殿さんに封じられて肥後細川家のご先祖さんになります。わたしの好きな戦国武将のひとりです。
プロフィール

えんてつ

Author:えんてつ
FC2ブログへようこそ!
兵庫県の中山間地域に夫婦で住んでいます。
2015年3月に現役リタイヤ-しました。
これから先は未知の世界です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。