スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アジサイ110630

きょうはうす曇りの空、六時の気温は22℃です。
六月も今日で終わり、一年の半分が終了しました。

企業の株主総会の季節ですが・・・・・・
会社では上期3+3の推定実績のまとめのほうが忙しい。

なんだか梅雨明けしたようにも思えますが、このまま熱い夏になると
水遣りがたいへんですが、それ以上に日本全体水不足にならないかと心配です。

いよいよアジサイが咲いてきました。
大型のアジサイは三種類ありますが、この子が一番大きな花を咲かせます。
ゆうに30センチはあると思います。
スポンサーサイト

ブッドレア110630

トップを切ってブッドレアのブル-花が咲いていました。
クンクンしてみようと思いましたが、先客が来ていました。

ウエイマウス110630

鉢植えのハイブッシュ系のウエイマウスの実が色づいてきました。
食べるにはまだまだ早いです。
この子は置き場を変えるために鉢植えにしています。

フクシア紫花110629

今朝はおおかた晴れています。六時前の気温は21℃です。
ひんやりして気持ちがよいですが、日中は真夏日になるとのこと。

フクシアの紫花が咲いてきました。
外で冬越しさせると今ごろから花が咲くパタ-ンになります。
室内越冬させると4月から花を見ることができます。

柿の赤ちゃん110629

柿の赤ちゃん
柿の花は緑色でぜんぜん目立ちません。赤ちゃんも良く見ないと分かりません。
梅雨空のなか、ほんのちょびっと柿らしくなってきました。

いま満開なのは栗の花です。
去年までいた花のSNSでは、栗の花は妖しい香りがすると毎年一部で話題になっておりましたが
今年は、そういう話題に出会うこともなさそうです。

蛍110629

昨夜は灯りを消した家の中に蛍が三匹も入ってきました。
どこから入ってきたんだろう~?
ということで、家の中で蛍狩りならぬ蛍の救出劇とあいなりました。

平家蛍だからといて、網戸の目よりはかなり大きいので・・・・
閉め忘れた場所もないし、ただ一か所網戸が破れているところがありました。

11時過ぎに庭へ出たら、ユ-カリの木に蛍が5匹もいて星と間違えてしまいましたw。
この時期、けっこう飛んでいるようですが、蚊に刺されるのがいやなので
じっくり観察したことがありません。

クチナシ八重110628

今朝はうす雲がでていますが青空もところどころに見えます。六時の気温は23℃です。

八重のクチナシが咲いてきました。
クチナシというと渡哲也の歌が浮かんできますが、実にいい香りです。

パイナップル116028

パイナップルなんですが・・・・
いつだったか義母の法事の時にいただいたパイナップルのトッピングを植えたら着きました。
VIPで紹介したら・・・・
関東在住の花友さんから、パイナップルはどんな風に成るのかご存知ですか?という質問をいただきました。
そのときは今にも実がつきそうなほど元気だったのですが、ある日、鉢が倒れて折れてしまいました。
いまのお子は、脇から出てきた二世です。

朝霧草110628


朝霧草はとっても涼しそうな色合いです。
春に出始めた新芽を5月に挿すとけっこう大きくすることができます。
しかし、蒸れるとあっというまに萎れてしまいます。

穂咲き下野110627

今朝は台風5号のせいで、雲が飛ぶように流れています。
六時前の気温は26℃、きょうもややこしいお天気のようです。

そして、六月も最後の週になりました。
原発事故の対策、電力制限の対策と大きな課題のある夏になります。
さてさて、今週も何かと忙しくなりそうです。

穂咲き下野、眺めて飽きない花です。

半夏生110627

いつの間にか夏至も通り過ぎてしまいました。
半夏生が真夏が近いことを告げているようです。
クライマ-ちゃんの言った通りどんどん増えます。

すかし百合白110627

週末用事で実家へ帰っていた間に、すかし百合のほとんどが切られて生け花になっていました。
今朝は、白のすかし百合が咲いていました。

今朝の紅110627

今朝の山アジサイ紅 けっこう赤くなって目立ってきました。

水仙PJ参加110627

東北復興の水仙PJに向けて水仙を掘り起こしてみました。
家内の名前で30個登録しましたから、これぐらいあればOKかな~

ワレモコウ110627

ワレモコウも花が咲いてきました。

マルバ110627

あおいの仲間のマルバ 5センチぐらいの花で紙細工のような繊細な感じ
これと対照的なのがアメリカ芙蓉、馬鹿でかい上にド派手です。

11-22

大河ドラマの主人公のお江ちゃんは徳川秀忠と結婚し徳川三代将軍家光を産み、信長、長政、家康の血統を将軍に繋ぎ止める。ただし、我が子のうち嫡男の家光を将軍にするのは本意ではなかった。長男の家光が廃嫡されては正道が廃れると乳母の春日野局は家康に直訴し家光は無事将軍となる。しかし弟の忠長はその後も威勢を保ち将軍が二人いるような状況になったが、家来を手打ちにするなどの乱行を咎められ蟄居の身となり、父の秀忠の葬儀にも参列を許されなかった。

秀忠は姉さん女房のお江ちゃんに頭が上がらなかったようだが、大奥にいたお静という女性を相手に子供をつくった。この子は、のち保科正之と名乗りお江戸の政治の舞台で大活躍をするが、子供の頃はお江や家光に知られることなく育てられた。ただしご落胤であることから大切にされ、7歳の時に高遠藩主「保科正光」の養子となり、21歳で高遠藩主となった。その後最上藩の城主となり、最後は会津藩23万石の城主になる。

 家光は、自分に弟がいることを知り、忠長のこともあってか、この保科正之を大事にし、出世させるとともに政治の舞台に登場させる。ただし最初の頃は実弟の忠長の処遇が優先されたために幕府は保科正之が家光の異母弟であることを知りながらすぐに待遇を改めることはしなかった。そして、登壇のなれそめは、家光が目黒へ鷹狩りに出た折、立ち寄った蛸薬師成就院という寺の住職に保科正之が弟であることを聞かされて驚いたということになっている。そしてそれから少しずつ引き立ていくことになる。

弟ではなく家臣として仕えようとする謙虚な姿に家光は感じ入り、正之は忠長を失った寂しい家光の心を補うのに願ってもない人物となる。しかし、領民からも慕われていた正之は、領地にあっても将軍の弟であることを殆ど態度に表すことはなかったと言われている。最上山形二十万石を与えられた時は、高遠から多くの家臣を連れて山形へ移り、このあたりから政治家としての本領を発揮する。山形では、自分を育ててくれた高遠保科家の重臣たちが手足となって正之を助け、最初の仕事は洪水や凶作などで苦しむ領民を救うことでした。この頃から幕政にも参画するようになり、江戸幕府の法律である武家諸法度改定にも参画した。

33歳の時に山形から会津二十三万石へ転封となり、次々と仁政を実行に移す。家光逝去の際には四代将軍家綱の補弼(ほひつ)役を命ぜられ、以来会津藩主でありながら20年以上も会津へ帰ることなく、自分を養育してくれた重臣達に藩政を委任して幕政に全身全霊を打ち込んだ。

保科正之の指図したことは、領地においては、殉死の禁止 税制改革と減税実施 社倉制度を創設(飢餓対策) 90歳以上の高齢者へ扶持米の支給 間引きの禁止 救急医療制度の創設 会津藩家訓の制定などがあげられる。また幕政については四代将軍家綱の補佐役ということで、徳川家康以来武力によって制圧した体制を、文治政治に切り換え、平和が長く続くよう、きめ細かな政策を講じた。その主たるものをあげると、末期養子制度の緩和や玉川上水の開削などがある。そして特筆すべきは 振袖火事の際、江戸市民の救済を優先するため江戸城の天守閣を再建せず、その費用を新しい江戸の町づくりに当てたことだろう。

保科正之は死後、会津において、土津公(はにつ公)という呼び名で神様として祭られる。そして会津藩はその後、松平姓を名乗るとともに徳川幕府を支える大きな柱となる。
保科正之は、生前、将軍から徳川姓を名乗るように命じられるが、自分を育て支えてくれた高遠藩保科氏への想いから終生徳川を名乗ることがなかった。

 会津藩は幕末に到り朝敵として苦しい時代に直面する。会津若松城攻防戦では白虎隊の悲話もあり、また戦後の斗南藩の塗炭の苦しみは会津士魂として小説にもなっている。大河ドラマにお江ちゃんが登場し、この次は会津のお姫さんの物語になるとか、おそらく保科正之が大河ドラマに登場するのももうすぐではないだろうか。

西洋夏雪草メドゥスィード110626

滋賀の実家さんでは、思った以上に薔薇の花が咲いていました。二番花だそうです。

西洋夏雪草はメドゥスィードと呼ばれるハ-ブの仲間です。
純白の小花が集まって涼しげな花です~♪

アキレアと雨蛙110626

のこぎり草の花の上に動く雨蛙の置物を載せてみました(笑)

オレンジの薔薇黒☆110626


オレンジの薔薇 葉っぱに黒星が出て半分ぐらい葉が落ちてしまいましたが、なんとか花が咲いてくれました。

カリブラコア110626

このところの雨で庭はジャングル状態で蚊の巣窟になっています。
カリブラコアの赤ちゃんがところどころに出ているので何本か鉢に植え替えました。
ピペリカムの鉢に植えた子は、赤と橙の中間色みたいな色です。

サボテン花110626

今年もサボテンの花を見ることができました。
なんともいいようのない透き通った美しさです~♪

ダリアz白110626

実家から高速で三田の家まで、おおよそ2時間です。
その間、雨が降ったり日がさしたりとややこしいお天気です。

ダリアは夏の花のイメ-ジですが、真夏の一時期は夏バテしてしまいます。
肥料は与えない方が花も綺麗で倒れる心配も少ないです。

紅110624

今朝は相変わらずの曇り空、六時の気温は25℃と熱帯夜でした。

昨日は午後から陽も射してとっても熱くなりました。
午後一時から三時までの期間を中心に電力調整のトライヤルをしましたが
テストが終わったころからデマンドがかかるぐらいになって、けっこう難しい作業で
あることが判明しました。

きょうは金曜日、あっという間の一週間です。
週末は実家の方へ帰ります。
来週は花友さんとの約束を果たそうと思います。
土曜日も郵便局やってくれるとありがたいんですが・・・・・

山アジサイの紅 少しずつ赤くなってきました。

すかし百合110624

百合が咲いてきました。
トップはこのすかし百合、オレンジ色?ですかね。上を向いて咲きました。
すかし百合は三色ほどあって、同じころに並んで植えたのに
意外と成長に差があります。早熟さんと晩生さんなんでしょうか。
ちなみに晩生さんはまだ2センチほどの蕾です。

網戸に光110624

昨夜は室内が蒸し暑かったので、電気を全部けして網戸で風を入れました。
うちは冬の冷え込みが強いところですが、そのぶん夏は涼しいのです。
なのでク-ラ-やエアコンは家にありません。

そうしたら網戸に光るものが・・・・・
写真に納めようとしますが、なんとこの光は動きます。
ときには空中をさまよったりもします。小さなUFOです。

綺麗な黄花110624


この花はキク科の花だと思います。けっこう大きい花です~♪


昼間にしか咲かない一日花だと、勤め人としては休日しかチャンスがありません。
きのうサボテンの花が閉じていたのを見つけて・・・そうおもいました。
サボテンの花はびっくりするほど綺麗なんですが明るい太陽の下で咲くと花びらが透き通るように輝きます。

枇杷の実110624

枇杷の実がずいぶん大きくなってきました。
自然任せで、きちんと摘果もしないままなのでたいして大きくならないでしょう。
去年初めて花が咲いて、今年は開花二年目ですが実の数はもう数え切れません。
落果しなかったので、来年はきちんと管理してみようと思います。

サボテンの花110623

あららららら~
サボテンの花が咲いていたんだ! でも夕方で閉じている。
一日花だったらこれでお仕舞ですか?

サボテンの花は透き通るような花びらでまさしく宝石です~♪ 
う~む残念だ。


今日は死にそうなぐらい熱かったです。帰宅時で30℃ありましたから・・・・

晩ご飯のあとは電気を全部消して網戸にしています。

そしたら、庭に蛍がたくさん飛んでいるのを発見しました。

arupusuotome110623


今朝は気温が24℃もありました。

ついさっき大きな余震があったらしい。
何事もないように~


アルプス乙女に実がひとつありました。去年の残暑で枯れたかと心配しましたが
ダメ-ジが強く葉の色もよくありません。この実は取ったほうが良いのかな~
プロフィール

えんてつ

Author:えんてつ
FC2ブログへようこそ!
兵庫県の中山間地域に夫婦で住んでいます。
2015年3月に現役リタイヤ-しました。
これから先は未知の世界です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。