ボルトニア130709

今朝はピリピリ小雨です。

ボルトニアの花がたくさん咲きました。
薄いブル-の花色が涼しげです。


スポンサーサイト

アブチロン130729


アブチロンの蕾が膨らんできました。
夏のあいだ中頑張って咲いてくれるのがありがたい花です。

鬼百合130729


鬼百合の花びらは反りが見事です(笑)

玄関お花130729


昨日、散髪から帰ると玄関に生花

宿根フロッコス130729


宿根フロッコスの白花
別名オイランソウとか、花茎が揃うと壮観です。

ブル-ベリ-130729


中生のブル-ベリ-が熟し始めました。
これぐらいをぱくっとほおばると美味しいです。

ヘリ来襲130728


きょうは暑さを避けて朝の5時半から家の周りと山の草刈りをやりました。
4時間近くかかりましたが、最後は汗だくになりました。
で、シャワ-を浴びてスッキリしました。

昨日の朝は、小型ヘリの来襲がありました。
操縦士は、なんと女性の方、かなりの美人で全面降伏~♪

これから散髪に出かけて本日の予定は終了です。

不明な花130726


この花はなんでしょう?

写真を撮るたび疑問符ペッタンコなんです。
毎年同じところから出てくるので宿根草に違いありません。

姫ヒオウギ130726

ヒメヒオウギ

細長い葉っぱが先日来の雨で倒れています。
そのせいで花茎だけが、空に向かって曲がって咲いています。

きょうは、蒸し暑くて死にそうな一日でしたが、今週末は仕事から解放されて一息入れられそうです。





先日地下街の本屋さんで絵画展のポスタ-を見ていて思い出したことがありました。





美人と下ネタ

美人は下ネタが好きかどうかという話ではありません。
わたしが高校生のときだから、もう40数年も前の話なんです。世界史を教わったのは八木先生という小柄な先生でした。この八木先生は授業の中でよく話が脱線してそれが楽しかったのです。

あるとき、この世で一番の美人を知ってるかい?という話題で脱線しました。世に絶世の美女として知られているのはクレオパトラ、楊貴妃、小野小町ですが、他にもうひとりいるというのです。そして、その美女の名を覚えておいて損はないと・・・・・

八木先生は、その美女の名前を覚える方法として・・・・「美女は下ネタが好きだ」と所謂語呂合わせを教えて下さったのです。ここまで書くと、もしかして、ああそうか~と気がつく人がいるかもしれません。

 ルネッサンス全盛期のイタリアの中心都市といえばフィレンツェです。多くの画家や彫刻家が集まって芸術と富を誇っていました。その時代に多くの著名な芸術家に、彼女こそは最高の美人だと認められた女性がおりました。そしてその人の名前は「シモネッタ・ヴェスプッチ」といいました。イタリア・ルネサンスの芸術家はこぞって、彼女の美しさを讃え絵画にしました。

きょう大阪の地下街の本屋さんでシモネッタの絵があるポスタ-を見つけました。フィレンツェの画家ピエロ・ディ・コジモという人が描いたシモネッタの横顔の上半身、乳房もあらわでエロチックではあるのですが、これがあの「美女は下ネタが好きだ」のシモネッタなのかとしばしみとれておりました。

興味がお有のみなさんは是非とも調べて見てください。話はこれでおしまいです。

グラジオラス130725


グラジオラス

寒さにも強くて育てやすいので、なまくら園芸向きです~♪

レンゲショウマ130725


レンゲショウマが咲きました。
透き通った感じがなんとも美しいです。
うつむいて自然の街灯のようにも見えます。

蕾を数えたらあと10個ありました。
ぜんぶ綺麗に咲いてほしいです。

朝顔渓流130725


朝顔渓流

気がついたら咲いていた~ということで朝一の姿ではありません。
白い流れ模様がはっきりとは確認できませんが、これからどんどん咲いてくれるでしょう。

ネジ花130725


ネジ花
DIYに近づいてこのネジ花がより身近に感じるようになりました~♪

右に回すと差し込む形なので、木ネジと同じです(笑)

ヘメロカリス130725


ヘメロカリスは一日花ですが、次々と絶えることなく咲き続けます。

百合130725


百合

植え場所によってだらだらと間を置いて咲いています。
この百合はなんという名前なのかわかりません。
残すは鬼百合と高砂百合を残すばかりとなりました。


太陽が顔を出すと暑い暑い、まだ雨降りのほうがましですね。
先週は北陸地方にいましたが、すんごい雨の日が二日ありました。
インドネシアで経験したスコ-ルのような気がしました。
日本の夏は熱帯性の気候へと変わってきたように思います。

今週はISOの更新審査がありました。
今年から事務局兼任ということでちょい気が重い日々でした。

西洋人参木130716


西洋人参木
西洋人参木は夏の暑い期間に花が続きます。花は水色でほんのりと香ります。
花が終わると初冬に実がなります。
この木はハ-ブとしてご婦人のホルモン調査剤の作用があると言われています。
わたしは花を眺めるだけでハ-ブとして使ったことはありません。

植えてから一度も剪定をしたことがありませんが、うまい具合にまとまっています。

庭梅の実130716


庭梅の実 熟すと食べられます~♪


神戸市にある理化学研究所 発生・再生科学総合研究センターの研究で、亀の甲羅は肋骨が拡張して
出来ていることを突き止めました。ワニなどは皮膚が進化して皮骨と呼ばれる鎧で覆われているが
亀は肋骨が広がって背中を覆う一枚岩になっているらしい。亀のご先祖さんは二億五千年に誕生して
現代まで続いてきたので化石が多いので、それらの化石を調べて甲羅の構造を調べるとともに、卵の中で
子亀が出来あがる様子を詳しく観察して判明したという。
骨が皮膚の外に出ているということで骨には不思議な性質があるという。
進化の過程で地球上にあらわれた脊椎動物の種のうち、現存しているのはわずか1%といわれる。
亀の甲羅の中にも進化の過程で身に付けた生き残り戦略の秘密が隠されているに違いない。

ブッドレア130716


こちらは水色のブッドレア
頭が雨で重くなって水平よりも下に曲がっています。

ブッドレア白130716


白のブッドレアが咲いてきました。
咲き始めは白花の花穂が一番大きいように思います。
どこかで嗅いだ香水のかほりがします。

宿根フロッコス130716


宿根フロックスのピンク花
雨のせいで花穂が重くてほとんどが斜めになっていました。
白花は小さな蕾が出てきたところです。

オランダカイウ130716


畑性のカラ-はまだ花穂を上げてきませんが、このオランダカイウは春から咲き始めてまだまだ咲き続けます。

クリナム130716


クリナム

花は百合に似ていますが、葉のつき方と花の咲き方が違います。
葉っぱは低い位置で重なってアマリリスの葉っぱのような感じです。
花は、花茎がまっすぐ伸びて咲きます。あっ、これもアマリリスと同じですね。

寒さには弱いので、枯れ落ちたあとは、落ち葉と肥料袋の分厚い布団で冬を越します。

グラジオラス130716


梅雨明けはいつ頃になるのでしょう。
この調子で、この暑さで真夏になればちょいと恐ろしい気もします。

グラジオラス
初めて球根を植えた頃は、毎年掘り上げていましたが・・・・・
木子を捨てるに忍びなくなり、ついに放任となりました。

アジサイ130716

額アジサイ  ほんとうにアジサイは雨が似合いますね。

もしも、この場所にアジサイを植えなかったらどうなっていたでしょうか?
もしもという仮定が、どこかで実現されている可能性があるとしたらどうでしょう。


この宇宙の成り立ちがどうなっているのか?
素粒子を調べることでそれがわかるだろうということで莫大な資金が投じられている。
量子とよばれる素粒子は、この世界に多重に存在している。
多重ということの意味は、唯一ではないということ。

あるときビッグバンでこの宇宙が生まれたという。
なので、このビッグバンが起こる前の状態からこの世界を説明できないといけない。
多重とは、ビッグバンの起こっていない世界も同時に存在しているということになる。
そしてドラえもんのどこでもドアのようにこの多重の世界はつながっている。

ヒモ宇宙論と膜宇宙論の登場で宇宙の研究は飛躍した。
でも、10次元とか11次元とか言われても3次元に生きる我々にはすぐには理解できない。
科学者が素粒子の運動を追っているとき素粒子が消えてしまった。
この現象をあなたならどう説明しますか~?
この世界から別の世界へ行ってしまったのだ! この単純な発想が飛躍の元となりました。

我々のように3次元の立体の中で暮らしているものには、
もう一つの新たな次元が増えると意味がどういうことなのかはすぐに理解できません。
それなのに11次元もあると聞かされるともうお手上げですね。

わたしたちの住む宇宙は、ひとつの膜の中にあります。
この膜はこの宇宙が入るぐらいに十分幅や広さがある。
宇宙には、こうした膜が複数存在していて、ところどころで膜同士が交差している。

あなたやわたしは素粒子のようにこの膜宇宙のなかで多重に存在しているのです。
同時にどこにでも存在することができるのです。
簡単に言えば、同時に何箇所に存在することが可能なのか? それが次元です。

幅をもった膜と膜が交差している。膜のないところもありますよね。
膜には裏側と表側があるし、交差していないところ、交差しても切れ端のようなところもある。
膜同士が重なることもありうる。
こうした特殊な位置が何個あるのか・・・それが次元の数になる。


あっ、とんでもない話になりましたね。
わたしはこの額アジサイが気にいっていますから、別の世界など考える必要はありません(笑)

セ-ジ130716


サルビア ガラニチカ 雨に濡れています。

チェリ-セ-ジとともに我が家にきました。
背が伸びすぎると倒れやすくなるのが唯一の短所でしょうか

ねむの木130716


休日の雨の合間に撮った写真です。

これはネムノ木の花
福岡県田主丸町在住の植木屋園主さんからいただいたときは、15センチほどの苗木でした。
あれから何年経ったのでしょう。
なかなか花を見ることが出来なかったのですが、今年初めて花が咲きました~♪

園主さんありがとう~♪

ほおづき130716


ホオズキがふっくらと膨らんできました。
あとひと月でお盆です。

ネクタリン130712

ネクタリンの実

赤みが増してきたので採ろうかと思いましたが、まだまだ硬いし様子を見ることにしました。
最終的に実ったのは3個だけになりました。

母のお世話になっているデイサ-ビスで三田小唄の盆踊りをやるそうです。
久しく盆踊りを踊っていませんが、子供の頃は、毎年、江州音頭を踊りました。

明日はなんと午前だけ出勤なんです。
新名神が職場の近くを通るということで道路工事の打ち合わせです。


さて今週も仕事は終わりましたが、今週は光触媒関係の調査をしました。
原発事故のあと光のエネルギ-の有効利用としては、太陽光発電が盛んになってきましたね。
太陽光発電は、光エネルギ-を電気エネルギ-に変えてから利用しようということでエネルギ-の転換です。
光触媒は、光のエネルギ-をそのまま直接利用して役に立てようということです。
植物の光合成も光を直接利用しているので広義の光触媒の利用です。
植物の葉っぱでは、水と二酸化炭素と光触媒で有機物を合成しています。
酸化物を形作っている元素の表面には電子があります。
酸素としっかり結合している電子は動けませんが、表面には比較的動き安い電子がいます。
この電子に光を当てると電子が更に動きやすくなります。
電子が動きやすくなるということは、簡単にいえば微妙な電気が流れることになります。
この電気が流れやすくなるものが光触媒です。
光触媒に光が当たると、動きやすくなった電子は、自分の近くにいる物質に衝突して侵入します。
物質に電子が入り込むと化学反応が起こります。電子はマイナスの電気を持っています。
光触媒の表面の電子が他の物質に入り込むと、光触媒は電子を失ったところに穴があきます。
この穴は、電子と反対に見かけ上プラスの電気を持っています。
この穴は、非常に恐ろしい穴で、近くにいる物質からマイナスの電気(電子)を奪います。

光触媒の機能を持つ物質は、暗闇ではもの静かな物質ですが、光が当たると表面に電気が
流れる性質を持つ物質です。
ところで光とは、色んな波長を持っています。太陽光はほとんどすべての光が含まれています。
そして光のエネルギ-は、波長が短いほどエネルギ-が強いのです。
光触媒となる物質は光の持つエネルギ-の強さで、ちょうど良く表面に電気が流れる性質があると
いうことになります。

光触媒で有望なのは酸化チタンという物質です。
酸化チタンには三種類の仲間がいますが、アナタ-ス型という酸化チタンが光触媒の機能を持っています。
このアナタ-ス型酸化チタンの表面に電流を流させる光は、波長が350ナノメ-トルあたりなので紫外線です。

この酸化チタンを水に入れて紫外線を当てると、水は、水素と酸素に分解されます。

アガパンサス130712


これはアガパンサスですね。

ギボウシ130712


いつもより少し早く帰宅しましたが、きょうも暑かったですね。

草刈りをしようと思いましたが、日暮れ時になっても暑くて気力消滅です。

庭ではギボウシの花が咲いています。
プロフィール

えんてつ

Author:えんてつ
FC2ブログへようこそ!
兵庫県の中山間地域に夫婦で住んでいます。
2015年3月に現役リタイヤ-しました。
これから先は未知の世界です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる