マルベリ-桑の実20150531

桑の実はマルベリ-と呼ばれている。
今年はカラスの飛来が多くて小鳥の飛来が激減している、このまま熟したらどうなる~♪


いよいよ国会で安全保障法制の審議が始まった。
今、わたしがこのマルベリ-を守ろうとするとどういう方法があるだろうか?
防鳥網で木全体を覆って鳥たちから守る・・・・専守防衛。これまでの憲法9条による日本のあり方。
ご近所のみなさんと鉄砲を使って近隣の空を飛んでいる鳥を撃ち取る・・・・集団的自衛権行使。
どちらが確実なのか、どちらが合理的なのか、どちらが平和的なのか

もうすでに親方アメリカには8月までに法整備を終えると公約してきたので
国会での数をたよりにゴリ押しを決め込んでいるようだ。

武力は戦争の抑止力になるなどとは歴史の教えるところではない。
地球上で一番の武力を保持しているアメリカは地球各地で戦争をしてきたのだ。
ほとんどの戦争が平和の名で行われて国民が犠牲になったことを忘れてはいけない。
スポンサーサイト

サンシャインブル-20150531

サザンハイブッシュ(SH)系ブル-ベリ-のサンシャインブル-
購入した年から収穫ができたが・・・・・
花付き実付きが良いので苗が小さいうちからたくさん成らせると木自体の成長が遅れてしまう。
味は酸味が少なく甘く美味しい。

ホタル袋20150530

ほたる袋
袋なでしこと並んで咲きました。

もうそろそろ蛍が飛ぶころだし、今年はいつもより早く飛んでいるという情報もあるので
夜が楽しみになります。

ジュ-ンベリ-20150530


6月を寸前に控えてジュ-ンベリ-が熟してきました。
このところのお天気というか気温のせいだと思います。
ジュ-ンベリ-は酸味がほとんどないので食べやすく我が家でも人気のベリ-です。
今年は、家の横で魚の飼育をして興味を持ったカラスが常駐しているせいか
ヒヨドリがまったく寄り付いてきません。
株立ちいっぱいに鈴成り状態で収穫しながら100個ぐらいパクつきました。
母は名前も初めてで食べた経験がないようで赤いブルベリ-?だと思ったようです。
義兄夫婦とか花友さんにおすそ分けしました。

サルビアなんとか20150530


この花は、花の形から察しておそらくサルビアの仲間でしょうか?
春先から咲く赤葉のサルビアかと思っていましたが、花茎が長く別もののようです。

地底深く590kmを震源とするM8.5の地震がありました。
関東地方中心に大きな地域で大きく揺れたようです。
地殻の歪みの一部が部分的に地震により開放されることは喜んでよいと思うのですが
歪が残された部分は必ず地殻変動が起こるので、地震が近いということになります。
過去、大地震と火山の大噴火は対で起こっているのでそれなりの覚悟と準備は必要です。

袋7ナデシコ20150530


庭のあちこち、陽当りのよいところで小花が咲きだしました。

これは袋ナデシコかな? 雨が降らなくて葉っぱが萎れ気味なので
たっぷりと水遣りをしました。

アルプス乙女20150530


これはアルプス乙女 かわいらしい実が目につくようになりました。

今日明日あたりにわか雨が降るという予報でしたが、朝から真夏日の予感がしています。
ということで朝から頑張って水やりをしました。

現役引退後は、趣味に興じるとともに、よき主夫を目指していこうと考えているところです。
料理も好きなのでよく作るようになりました。
わたしの作る料理に家内がいろいろ意見を出してくれるのですが・・・・・もっともな意見が多いのですが・・・・
わたしはその意見を聞く前に、美味しかった♪という言葉を聞かないと意見を聞く気にならないのです(笑)

庭藤20150530

庭藤

歴史に興味を持つきっかけは高校時代のこと、世界史の八木先生のお陰だ。日本が一番影響を受けた国は中国で、中国を知ることが日本を知るためには必要だというのが持論で、中国と日本の関係を中心に脱線ばかりの授業だった。

歴史に興味を持つと時代の英雄が目についてくる。特に戦乱の世になると登場人物の個性が光ってくる。そしてもし自分ならどうするかとか、あのときなぜこうしなかったのかとか、あんなことは誰にもできないだろうとか、感嘆と疑問が重なって興味が倍増となる。

日本の武将たちの絵姿を描いた書物は、いわゆる正史と呼ばれる史書があるが、面白いのはやはりエピソ-ドを集めた名将言行録のようなもののほうが面白い。歴史に興味を持ち始めると登場する武将を「賢と愚」「善と悪」のような切り口で二分して眺めてしまう。

先日、知人と竹中半兵衛のお墓参りをしてきた。半兵衛は信長も秀吉も如水も感嘆するほどの知略の軍師だったが、半兵衛の場合は戦の戦略の場面でも戦いの最中の場面でも、オ-ルマイティで指示を出していたので、あえて言うなら戦の天才といえる人物だ。お墓にあげる供物を手にしていなかったのが残念だったが、墓前にはいろんなものが置かれていた。どれもみな半兵衛さんと語り合いたいものだという気持ちが感じられた。

半兵衛のことでいえば、名将言行録にこんな逸話がある。わたしはこのお話が好きで、同じように歴史好きになった息子に何回も話をした記憶がある。・・・・・・
半兵衛が戦の物語をしているとき、まだ幼少であった息子の左京が正座して聞いていたが話の途中で席を立ちしばらくしてから戻ってきた。半兵衛は叱って「話の途中で席を立つということがあるものか」と問いただした。左京は「小便に立ったのでございます」
これを聞いて半兵衛はますます腹を立てて怒鳴りつけた。「小便がしたくば、何とてそこで垂れ流しにせぬ。半兵衛が子が戦話に聞きとれて粗相してしまったと言われることこそ、お家の面目だといえようぞ」

半兵衛は三木の城攻めのなかで病死したが、その死後に秀吉が人に語ったこと「半兵衛の生きているあいだは、半兵衛に相談すれば何事もらちがあくので、世にむずかしいことがあると思ったことはなかった」。半兵衛は秀吉から自筆の感状や誓書をもらうことが多かったが焼き捨ててしまうことが常だった。あるときは官兵衛がいただいた知行の誓書を取り上げて破り火中に投げ捨てたことがあったという。こういうものがあるとあとあと不平不満の火種になるというのが半兵衛の考えだったようだ。

ジュ-ンベリ-20150528


ジュ-ンベリ-

木が大きくなるにしたがって実の位置が高くなって
てっぺんのほうは小鳥さんたちにお任せするしかありません。


FIFAのなかで不正行為があったというニュ-スが流れた
どうやら開催地を巡って金銭で買収するという行為が常態化していたらしい
スポ-ツはル-ルを守ることが大前提であり、大切な教育手段でもある。
日本の委員会は不正行為の非難決議など良いと思われることをすべきだ。

更紗空木20150528

更紗空木

早朝、このやさしい桃色には魅せられてしまう。

オキシペタラム20150528


オキシペタラム

るりとうわたと呼ぶほうがこの色のイメ-ジに似合っている。

大王グミ20150528

大王グミ
ユスラウメやジュ-ンベリ-と時を同じくして色付き始めました。

大王グミは熟すと甘酸っぱいなかに独特の渋味がありますが、熟していないものを口にすると
口全体が渋さで固まってしまいます。

オオキンケイギク20150528

我が家の庭のオオキンケイギク
どこからか種が飛んできたのだろうか~

農村地帯を自動車で走るとこの花が綺麗でよく目に付く
外来品種で生態系を壊す恐れがあるということで栽培すると罰せられる。

赤葉コデマリ20150525

この子は、信州おぎはら植物園うまれの、赤葉コデマリと名前のついた植物。10年前はこの名前だけで売られていましたが、現在はディアボロとかテマリシモツケとか色々な名前がつけられています。コデマリとシモツケの両方の名前がついているのも可笑しいですが、園芸界では何でもアリです(笑)

あるとき、ある人が、植物の苗を買いました。その苗には絵札がついて赤い花が咲くように書かれていました。そして数ヵ月後に白い花が咲きました。あれれ~赤い花じゃなくて白い花が咲いたじゃない、おかしい。これはもしかして不当表示ではないかしら・・・・・
これは厳密には限りなく不当表示に近いのですが、種取りから育苗までの手法をさぐれば、十分起こりうることだし、科学的には花の色は変異を起こす属性でもあるので、現状ではいたしかたないことだということになりますね。花の購入価格にもよりますが100%防止は難しい技術です。

 明日は歴史探索の史跡巡りを計画しているのですが、雨は困りますが強い日差しも困ります。てるてる坊主さんに日傘でもさしてあげると良いのかも~笑

柿の花20150525


今朝はあさから太陽がまぶしいです。
でも、まだ湿度が低いので過ごしやすいのがありがたい。

柿は去年は豊作でしたが、ことしは裏年になりそうな気がします。

ウツギ20150525


ウツギ(空木)が咲いてきました。
この木は数年前にばっさり切ってし直ししました。
ウツギの仲間では更紗空木が綺麗です、今年はどうかな~

ピペリカム20150523

今朝は曇りがちで、天気は下り坂とのこと、午前中は母の通院の付き添いです。


ピペリカム
この花のシベは美人のまつ毛を思い起こさせますが
、このあと出来る実もまた美人をかざる宝石のように綺麗です。

20150523イモリの赤ちゃん


この新緑の季節は水生動物の赤ちゃんが生まれる季節でもあります。
この子はイモリの赤ちゃん
写真ではみにくいのですが首周りにはエラがあり、小さな足も出てきています。

源平小菊20150523


源平小菊
いろんな色が混ざって咲いています。
育てやすいということでずいぶん昔に植えましたが
すぐに増えすぎてあちこちで繁殖するようになりました。
増えすぎて困るほどですが、スギナや笹よりはましなので放任しています。

赤いバラ20150522

今年の赤いバラはマイク真木のうたのごとくに綺麗に咲いています。
ほんとに珍しいことですが、来週はいちだんと気温が上がるとか、う~ん。

ブル-ベリ-20150522


ブル-ベリ-の実がふっくらしてきました。
地植えもの、鉢物どれもみな毎日虫退治をしています。
6月中旬になると色づいてきます~♪

ドッグロ-ズ20150522


ナニワイバラの縮小版みたいなドッグロ-ズは赤い実が付きます。
実は乾燥させてハ-ブ茶にするとか・・・・・・・

あざみ20150522

雑草のなかでは綺麗な花をさかせるアザミ
葉っぱのトゲトゲにひっかかると悲鳴がでたりしますが美花の証拠ですね。

スイカズラ20150522


終わりかけのナニワイバラの横で咲きだしたスイカズラ
咲きたては純白ですが、咲き進むと黄色っぽくなってきます。

ホンモロコの卵20150520


ホンモロコが二度目の産卵を始めました。
荷造り紐を束ねて産卵床を入れて水面に浮かべておくとそこに産卵します。
産卵行動は「せる」と呼んでいましたが、飼育しているホンモロコも自然状態と同じように
せって産卵するのには感激しました。

写真は昨夜産み付けられた卵、孵化までの時間は水温が影響しますが、
とにかく無事に孵化してくfれることを祈っています。

アマガエル20150520

カエル君たち、どうして夕方から夜に合唱大会をするのでしょうね。
この子は1センチぐらいのカワイ娘ちゃん。
バランの葉っぱの上で朝の風景を眺めているようです。

しゃくとり君20150520


今朝は青空が広がっています。
朝から楽しい出会いです。
梅の木に妙な小枝が・・・・・・測ってみたら9センチもありました、オドロキ!

桑の実20150519

桑の実
まだまだ熟すところまでは程遠いのですが、怪しいほどに鈴なりです。
知らない人がみると毛虫と見間違いそうです(笑)
じつは、生活に時間的 ゆとりができたので、毎朝虫退治をしています。
いまは新緑の季節ということで新しい柔らかい新葉は虫にとっても大好物です。
しかし、害虫を見つけるのは難しい。
なぜなら、毎日20匹ぐらい見つかるのです。なかなか減らないのです。
農薬は使いたくないので手で取ります。
特に葉っぱの上に虫のウンチがのっているところでは念入りに調べます。
イモムシ系は素手で取りますが、毛虫系は触って刺されるとヤバイのでピンセットで摘み取っています。


大阪都構想は接戦のすえに反対意見が制しましたが
こういった法的根拠のある住民投票は今後も増えるのではないかと思います。

維新の会の橋下市長は二重構造が無駄だという主張でしたが・・・・
二重構造はものを維持支える重要構造のひとつだし、
間違いを起こさないためにも役に立つ構造だし、
ちゃんと機能させれば、東京の真似をしなくてもやっていける気がする。
大阪市民の選択は無難だったと思います。

チェリ-セ-ジ20150519


チェリ-セ-ジ
サルビアの中では二番目に花が咲きます。
一番目に咲くのは赤葉の名もないサルビア、というか雑草みたいな強い子。

赤いバラ20150519


我が家の赤バラ
プロフィール

えんてつ

Author:えんてつ
FC2ブログへようこそ!
兵庫県の中山間地域に夫婦で住んでいます。
2015年3月に現役リタイヤ-しました。
これから先は未知の世界です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる