スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


自民党の憲法改正は、創生「日本」という議員たちが先導している。
かれらは民主党に政権を奪われた時期に自民党内で主導権を握った。
政権を失ったことの党内責任を問い、同時に露骨な政権攻撃を行うことで
安倍総裁を中心に自民党内の一本化に成功した。

いま日本国憲法が危ない。
自民党憲法草案の提案を行ったメンバ-のほとんどが創生「日本」のメンバ-なのだ。

https://www.youtube.com/watch?v=K4xhvAtvYuA

スポンサーサイト

のこぎり草20160630


丈夫で長持ちな花 のこぎり草

今年は初めて期日前投票に行こうかと考えている。

ルドベキア20160630

う~ん、この花はルドベキアかな?
去年は花が見えなかったから、隔年開花ですかね(笑)

桔梗青202160630

桔梗は日本の気候にあっている。
冬に肥料をあげたら、背が高くなりすぎてしまった。
白と青を並べて咲かせると面白いかなと思う。

初夏の花穂咲下野20160630

穂咲下野も長年眺めてきた花だ。
梅雨の雨ですぐに傷んでしまうが、青空の下で勢ぞろいした年は思わず声に出てしまう。

ミニダリア20160630

雑草に囲まれてミニダリアが咲いていた。
なんか、すんごく胸を張っているようにみえた。




日本刀は歴史の脇役だ。

西洋夏雪草20160629

西洋夏雪草

梅雨の雨に濡れそびれていました。

グラジオラス20160629


時あたかも参議院選挙のさなかにイギリスの国民投票でEU離脱のニュ-スが流れた。

イギリスのEU離脱は、日本の世論では予想外のことだった。そして、ここにきて国民投票の過半数による結果がほんのわずかの僅差だったことが、民主主義の原則の多数決の落し穴のようにも感じた人も多い。当のイギリスでもEU離脱問題が移民問題の賛否の判断基準になって、難民を嫌う人たちが離脱を選んだことが大きく影響したと分析されている。なかには再投票を要求している人もいるとか。

政治家は狡猾である。選挙の争点を本質からずらして多数の支持を勝ち取って、選挙が終わるとここぞとばかり隠し玉を出してくる。特に政権党は世論操作がしやすいのが実情だろう。イギリスでは、難民受け入れなんて止めるべきだ、昔はこんなんじゃ無かったという人たちは保守派ということになるが、かれらは自分たちの国の軍隊が難民を生み出していることを知らない。過去に欧州で戦争や難民問題を絡めて政権を奪取し戦争を計画したのは、ヒトラ-のナチスだった。

ヒトラ-が率いたナチスという政党は、国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)という名称だった。そしてときの平和憲法であったワイマ-ル憲法を、緊急事態条項を利用しながら改正、無力化し、党名にある労働者や社会主義者を弾圧した。緊急事態が発生したとき政権党は憲法よりも上位に立って法律を施行できるという憲法違反の解釈がそれを許した。

ここ数年、安倍政権の政策は、平和、安全、安定 からどんどん遠ざかる政策をとり続けている。そして、最近では憲法に緊急事態条項を入れるべきだと言い出した。自民党には憲法改正案がある。彼らが日本をどういう国にしたいのかは、その改正草案をみればすぐに判る。

歴史は繰り返されるというのは本当だ。しかし、国民がそうした事態に直面することは少ない。早い話、巨大地震の発生のようなものだろう。いま日本国民は安倍政権のもとでそれを経験しているのかも知れない。歯の浮くような言葉を使いながら、国民を、平和、安全、安定 からどんどん引き離してゆく法律を作っている。

いまの平和憲法のどこが行けないのか、手に負えない原発を再起動させるのはなんのためなのか、貧富の差や貧困が増える施策はなんのためなのか、イギリスのEU離脱は国民の本音というか、迷いの表れだろう。多数決という民主主義の原理が国民の最後の抵抗手段に成りうることが見えてきたというべきだ。

北の脅威に対抗するために強い軍隊を持つべきだという議論がある。無謀なことを繰り返す北朝鮮はいったい何が言いたいのか、何がしたいのか、核兵器やミサイル実験をするのは何が目的なのか、まずそれを知り、日本としてこれにコメントすることが最重要だ。これまで、戦後の日本は100%アメリカ追従で、アメリカのすることに反対したことが無かった。安倍首相はアメリカに負い目があるのかもしれないが、国民の一人としては、自主独立の国でありたいと思う。

白の桔梗20160629


白の桔梗
蕾は戦国時代の武将の母衣のように見える

ギボウシの花20160629

早春のある日、ギボウシの力強い新芽を見つけると嬉しくなる。
初夏になってギボウシの細長い大きな葉っぱが開くと梅雨になる
そして、いま花茎が伸びて梅雨の雨を受けている
みそぎ(禊ぎ)ということを彷彿される姿のように見える。


フクシア20160625

フクシア紫花

ぷっくらした蕾も天使の耳飾りも可愛いの一言
もうじきあのオオスカシバの幼虫が現われる時期になります。
毎年のことだけど、なんとなく楽しみだな・・・・・

ガウラ20160625


雨ばかりでガウラがかわいそう。

サルビア20160625

これはブル-サルビアかな、たしか去年植えていたプランタ-だと思う。
今年こそは不要な鉢を処分しようと思っていたけれど、減ったのはまだ15鉢ほどwwww

梅ジャム20160623

梅の実の一部が梅ジャムに変身しました。
家内が一日掛りでこしらえました。
7月9日に行われる当地のふれあい大会のプレゼント賞品にするとか・・・

梅の実は全部で8.5kg採れました。
梅ジャムの他には、氷砂糖と混ぜて梅シロップにしたり、梅酢を取ったりといろいろ挑戦
でも、実はまだ南高は取り残しがあるのですが・・・・・

ボルトニア20160617


ボルトニア、この時期の美花
地下茎で増えるので植え場所は一考を要する。

梅の実20160617

基本的に母と家内の三人暮らしでは、梅酒がぜんぜん減りません。
かといって梅干も減りません。
ということで梅酒などの果樹酒は作らないで梅で言えば完熟させてジャムにすることが多い。
梅の実は熟してくるととても良い香りがして、うっとりする。

熟し具合の監視は家内の仕事
取り込みの指令がでるとわたしが自前で作った採取棒で悪戦苦闘しながら実を採る。
どうかな~ 少し色づいてきたし来週にも指令がでそうな気がする。

タチアオイ20160617


ホリホックも日当たりの良いところではよく宿恨します。
家内はこの花を数個とって小皿のうえに載せてテ-ブルを飾ったりしていましたが・・・・

支柱を立てていましたが、なぜかこの角度で咲いています。

八重のホタル袋20160617


八重の蛍袋
どの辺が八重なのかなんとも言い難いのですが・・・花の形はとってもユニ-クです。

ヤマカガシ20160617

家の周りの溝を見て回っていたら、見慣れぬロ-プの切れ端が落ちていました。
おそらくこのロ-プはヤマカガシという商品で品質は安全です。

山アジサイ220160617


この子も山アジサイです。
習い始めた男の料理教室では毎回試食のあとで感想会があるのですが・・・・
色合いとか、器との相性とか、素材の切り方とか、盛り付け方とか・・・・・
舌先だけの感想じゃなくて、五体で感じる繊細とも思える感想が飛び出します。
わたしは、そんなものはどうでもよくて美味しいかどうかにこだわっています(笑)
家内に言わせると品が無いそうです(泣)

アジサイ120160617

この紫陽花は花火に例えた名前がついています。
株元に芯食虫が入ってしまいましたが、退治してから持ち直したようです。

山アジサイ320160617


この子は山アジサイです。
品種は不明ですが、花びらのふちに赤いラインが入っています。

山アジサイ420160617

うちに最初にお越しの山アジサイがこの「紅」です。
当時はまだ珍しい花だったので、あちこちの花友さんのところに分身ができました。
花びらの変化が見事です。

額アジサイ20160617


この紫陽花は額アジサイで、外側に装飾の飾花が咲きます。
形としては山アジサイの大型という感じでしょうか。
まだまだ咲き始めです。

アジサイ20160617

これは普通の紫陽花
遠目から撮ったので迫力がありませんが、我が家で一番大きな花をつける紫陽花です。

山アジサイ120160617


アジサイ類が咲いてきました。
山アジサイはコンパクトで管理しやすいです。
普通の紫陽花は放任するとどんどん大きくなるので気になるときは花が終わったころにばっさり切り取るとよいです。

写真は山アジサイですが名前は不明

白いイチゴ20160617


きょうは島根は松江のkiyomiさんが覗いてくれました。
白い実のなるイチゴはワイルドストロベリ-にもありますが、この子はもう少し実が大きいです。
うちに来てもう何年になるのでしょうか、いたるところでヘビイチゴと戦っているようです。

コモンマロ-20160617


コモンマロ-は有名なハ-ブです。
家内は花を摘んで乾燥させてお友達にあげているようですが
わが家でハ-ブとして楽しむことはなくなりました。

毎年、宿恨した古株に新芽が出て伸び始めたころに切り取って挿しています。

フクシア20160617


フクシアは家内が大好きで多い時は6種類ぐらい育てていましたが今はこの紫花だけになりました。
天使のイヤリングということで蕾も可愛いです。
プロフィール

えんてつ

Author:えんてつ
FC2ブログへようこそ!
兵庫県の中山間地域に夫婦で住んでいます。
2015年3月に現役リタイヤ-しました。
これから先は未知の世界です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。