スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪やこんこ20150101


ワン公との毎朝の散歩はわたしの日課
休日はのんびりできますが、出勤日はまだ薄暗いうちに家を出ます。


マロンは雪が大好きですが、小型犬で毛も長いので、冬というのに毛を短く刈られてしまいました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

気がかり

フランスの新聞社が、イスラム教の創始者・預言者であるムハンマドの風刺画を掲載してテロ攻撃を受けたことで、言論の自由を侵すものとして非難が高まっている。フランスでは400万人がテロへの抗議デモに参加したという。

しかしと、わたしは思う。いやしくも世界最大の信者のいる宗教の創始者を風刺画にしてばらまくということは、その宗教自体を冒とく揶揄する行為になるのは当たり前だろう。もしも仏教徒の多い日本で、お釈迦様を冒とくする風刺画を新聞紙上に載せて公表したら、その新聞社はおそらく非難される、だろうと思う。宗教はメンタルな面が大きい。信教のためなら殉職もいとわないのが人類の歴史には多い。宗教を盾に戦争さえしてきたのだから。

イスラム社会では普通、神も預言者ムハンマドも姿を描いてはならないとされている。お祈りの形は、偶像崇拝ではなくて聖地に向けての拝礼だけである。善良なイスラム教徒はテロを非難すると同時に、こうした自分たちの宗教を冒とくする行為も非難している。だとすれば、事件の元タネはどこにあるのかといえば、反イスラム国家や無宗教化しつつある先進諸国にも原因があると思う。

欧米の多くの新聞各社がテロに抗議する意思表示と、テロを受けた新聞社に連帯するためにムハンマドの風刺画を第一面に掲載した。これは理にかなったことだろうか?

表現行為に対するテロ行為は決して許されず、言論、表現の自由は最大限尊重されるべきだ。しかし、言論や表現は他者への敬意を忘れてはならない。絵画による預言者の描写を『冒とく』と捉えるイスラム教徒が世界に多数いる以上、風刺画の掲載については慎重な判断が求められるのは当然だと思う。

No title

先日、こちらのコメントを拝見し、コピーして何度か読ませていただきました。

>言論や表現は他者への敬意を忘れてはならない。

そこですね。
孫用の新聞に書かれていたことでした。 
私のアホさが、いやになります。



おはようございます。
4時半にハタラキバチを送り出し、久しぶりにノンビリとネットサーフィンしてます。

たくさん書かせていただきましたが、、、このへんで <(_ _)>


No title

Marikoさん

わたしも含めて世界情勢というものに危険予知が働いていませんね。

イスラム国のテロについても、安倍首相が欧米の動きを支持するとい
う立場表明をイスラム国の近くで行うことのリスク、危険予知がなかっ
たのではということになる。彼らは、脅迫のビデオの前に、安倍首相
の演説を流しているし、こうしたチャンスを狙っていたともいえる。

いま日本はもちろん、世界は格差拡大の方向へ突き進んでいるとか。
人口の数パ-セントの人間が地球の富の50%強を持っている。
この姿は18世紀の産業革命後の工業化の時代に似ています。
なので、必ず、次の時代のマルクスやエンゲルスやレ-ニンが現れ
てくると思います。

色々な形で矛盾が現れてきて、それらが力の対決(軍事力の対決)
という形でしか解決できないんだと誰もが洗脳されてしまう。

戦争は破壊活動でまったく無駄なことですが、兵器を消費する
経済活動という側面があるので、兵器を保持している国家や企業
にとっては戦争が魅力的に見えたりもする。安倍首相も日本の禁
を破って武器を輸出するといっている、武器は戦争の道具だから、
これは地球のどこかで戦争を期待している人だとみなされてもしかたがない。

テロを卑怯なことだと言えるのは第三者だけのこと。しいて言えば、
弱きものが強きものに対抗する手段だろう。殺戮や脅迫が問題に
なるなら、それはテロに対峙するもっと大きな軍事力をも同じように
非難されるべきだ。

さもなければ、そういう事態に弱きものを立たせないことだ。
弱い者いじめはいつか反抗精神を生み出す。相手を死にもの狂い
になるまで追いつめると、窮鼠猫を噛むということになる。

むかし
中国に秦という大国家が生まれようとしていたとき、弱小であった燕の国では国王が非常の手段である暗殺計画を練り、荊軻というテロ
リストが白装束に身を包み、国民の期待と熱狂に送られて秦へ向かった。
プロフィール

えんてつ

Author:えんてつ
FC2ブログへようこそ!
兵庫県の中山間地域に夫婦で住んでいます。
2015年3月に現役リタイヤ-しました。
これから先は未知の世界です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。