散歩帰り20150712


散歩帰り、家に戻るとしばらく外で休息?します。

リクはシェルティ-らしく耳が半分垂れてきました。

で、これで、ありきたりの日常のはじまりかと思いきや

マロンが急に尻尾をスイングさせて興奮しています。

何かを見つけたようです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

7/15から八丈島近海で群発性地震が続いている。大きな地震の前兆なのかどうかは不明だが、地殻の歪エネルギ-が段階的連続的に放出されている。地殻は繋がっているので地殻の一部に歪みが生じると内部に応力という力が生まれる。応力が増してくるとエネルギ-はまず温度の上昇として使用される。温度が上昇すると地殻は膨張しようとするが閉じ込められたままだと更に温度が上がり、こんどは地殻の硬さが柔らかくなる。こうした動きが繰り返されているうちに、地殻は内部応力を閉じ込めておくことが出来なくなり、地殻は部分的に破壊されて内部応力は減少する。地殻の破壊は地震として地表に伝わることがある。

内部応力がある程度の範囲内で放出されると地殻の破壊度は小さく火山や地震という現象になるが、内部応力が溜まりにたまるとそのエネルギ-はすざましい量となり、地殻そのものが大きく破壊される。東北大震災を引き起こした地殻の大破壊は長さ数百キロメ-トル以上に達しており、その大破壊の初期には小さな破壊が導火線となった。3月11日の数日前には群発性地震が観測され、先日にはかなり大きな地震も観測されていた。

 ということで、群発地震が長期に続く場合は、火山活動が続くのと同じで定期的なエネルギ-の放出ということで、広範囲に大地震を引き起こすようなことにはならないことが多い。その反対に、大地震の前兆としての群発地震は同じような大きさで続くことは少なくまた長期的にはならない。地殻の歪みは火山活動と関連があるので関連する火山活動の動向も判断の材料になる。

八丈島が誕生した秘密もまた過去の地殻の大破壊にある。
プロフィール

えんてつ

Author:えんてつ
FC2ブログへようこそ!
兵庫県の中山間地域に夫婦で住んでいます。
2015年3月に現役リタイヤ-しました。
これから先は未知の世界です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる