スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イラン核論争・・・・原発は軍事標的となるのか

 イランの核兵器開発疑惑に関して武力ではなくて平和的な対話で解決策が見出されつつあるというニュ-スを聞いてはっとしました。なぜならイスラム国家を相手にアメリカが外交交渉で妥結するとは思えなかったからです。ちょっと良い話でした。

しかし、ニュ-スをよく読んでみれば、かなり恐ろしいことがあります。イラン核問題の解決に向けてイランと米欧など主要6カ国が合意した「包括的共同行動計画」について、アーネスト米大統領報道官は、もし将来において対イラン攻撃に踏み切らざるを得なくなった場合には、この「包括的共同行動計画」の実施内容が標的情報の入手に役立つと述べたのです。

これはもちろんイランが合意に反して核武装を図った場合に限定した場合の説明ですが、イランに対し核施設への軍事対応を含む「全ての選択肢」を維持するオバマ米政権の立場を示していました。これは万一の場合はアメリカがイランの原発を軍事攻撃するという宣言です。

この論理は、日本には現在五十数基の原子力発電所がありますが、有事の際にはこの原発が敵の攻撃対象になるということを示しているということになると思います。そう考えると飛行機が原発に墜落する可能性とか、色んなリスクが考えられます。アメリカと共に戦争できる法案は、アメリカの敵が日本の敵になる可能性を示していますから、そういう意味でも原発は危ない施設だと思います。というか、平和憲法あっての原発と言えるかもしれません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えんてつ

Author:えんてつ
FC2ブログへようこそ!
兵庫県の中山間地域に夫婦で住んでいます。
2015年3月に現役リタイヤ-しました。
これから先は未知の世界です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。