スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年9月16日

いよいよ今夜にも、与党は戦争法案を強行裁決しようとしています。
なぜ、多くの国民が、もっと審議をして法律の内容を確認するべきだとしているのに
どうして強行するのでしょう。
それは、日本国民に対してではなく、アメリカに対しての約束があるからです。
そのアメリカとの約束の中身は、アメリカ軍と自衛隊が一体になって戦争をすることです。

日本人親子が乗船したアメリカの艦船が攻撃されたら、その船を自衛隊が守るのは当然だ
などと説明していましたが、結局、そんなの関係なく、アメリカ艦船を守るのだと。

ホルムズ海峡が機雷で封鎖されたら日本に石油が入らない、日本への攻撃と同じで自衛隊
が出動して機雷除去する必要がある、などと説明していましたが、アラビア海周辺諸国が
そんな重要な海を機雷封鎖なんてありえない、という発表を聞いて、単なるモデルとして
説明しただけだと変更

政府自体がこの法案はまだ説明不足だと認めながら裁決するということはおかしい。
審議が尽くされていないから、もう少し審議や宣伝をしようということなら理解できるのだけれど
このまま裁決なら、民主主義への暴挙であり、国民主権を定めた憲法違反であることは間違いない。

横浜での公聴会は、広く国民の意見を聞くということでその意見を委員会で紹介して
審議の参考にしようということなのですが、鴻池委員長は、そんなもん形式でいいのだということで
職権で委員会を締めくくる会議を開くとしています。

いよいよ、強行採決に向かっての攻防が始まりました。
なぜ、もっと審議しないのでしょう。

もし法案が成立すれば・・・・・・
自衛隊はアメリカ軍と一体化して、世界各地で戦争をできることになります。
これが、どうして憲法の範囲内だと言えるのでしょうか。
アメリカの敵が日本の敵になれば、日本が狙われる危険が高まるのは見え見えです。

日本は日本の平和主義を武器に外交交渉で対話する路線を歩むべきです。



国会議事堂は戦争法案反対の国民で埋もれています。
その場所へ言って、国民のひとりとして抗議の声を届けたい気持ちです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えんてつ

Author:えんてつ
FC2ブログへようこそ!
兵庫県の中山間地域に夫婦で住んでいます。
2015年3月に現役リタイヤ-しました。
これから先は未知の世界です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。