スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今朝は快晴 楽しく嬉しい話が少ないなか、最近のこと、身近なところで、ほんの少し嬉しい話がありました。

今は昔、公立大学の先生は国民の税金で養われているということで、大学での研究成果は国民の財産であるという考え方になっていて、国民の誰もが利用することができた。なので公立大学の先生が特許を取るなんて有り得ないことだった。ところが私立の大学やラボとの競争が激化してきたこと、産学共同体の組織が生まれるなかで、研究成果は個人の知的財産であるという考え方が定着してきている。

大学もお金儲けをしなければならない。それが当たり前の時代になってしまいには何を研究している機関なのかわからないところまで出てきている。どんどん秘密主義が進行しているようにみえる。

10日ほど前、ご近所さんの洗濯機が故障した。おばあさんの一人住まいなので、家内がうちの洗濯機を使ったらということで我が家に洗濯物をもって来られた。お話を聞くと、買って二年もたっていないが、脱水のときに家が揺れるほどの音と振動があるということだった。どんな壊れ方をしているのが気になって覗いてみた。

故障は、なんと洗濯浴がつなぎ目で外れて隙間が出来ていた。この状態ではバランスがとれないで異常振動や異音がでるのも当然だと思った。でも、買って二年未満、ひとり住まいで量も多くない、もしかしてまだ1000回も運転していないかもしれない。洗濯浴は一番重要な部品、それが壊れるというのはよほど間違った使い方をしたか、もしくは元から壊れやすい部品が使われていたかのどちらかだと思った。

で、メ-カ-の相談室とやらへ電話して、壊れた状況を説明し、洗濯浴の機械的強度と製品や部品の検査方法を質問した。1000回未満の使用で壊れるのはおかしい。相手は女性のかたで顧客重視の姿勢と修理の話に傾注してしまい、原因について調べましょうという話にならない。また、技術屋さんはいるが、顧客に直接対応する仕組みになっていないという。本来なら、再発防止のためその洗濯浴の壊れた原因を調べるのでいただきにあがりたい、それぐらい言わなくては・・・と思ったので、その気持ちを伝えた。

きのう、おばあちゃんに出会ったら、にこにこして機嫌がよかった。電気屋さんがただで部品を取り替えてくれはったん、ほんまやったら2万円ぐらいするらしいというてはったし・・・・。なかなか良心的というか、こちらも嬉しくなった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えんてつ

Author:えんてつ
FC2ブログへようこそ!
兵庫県の中山間地域に夫婦で住んでいます。
2015年3月に現役リタイヤ-しました。
これから先は未知の世界です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。