スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今朝はかなり冷え込んで、外の水道栓は昼前すぎまで凍結していた。
庭のホンモロコの生簀は終日氷が張ったままで、底の水温はほぼ0℃だった。
明日の朝の予報はマイナス8℃ということで今日と同じぐらいになっている。

きょうは午後から会社のOBの幹事会があった。
毎年春に開かれるOB会の打ち合わせが目的だったが、総務課が作成したOB名簿をみると
昨年3名の先輩がお亡くなりになっていた。訃報の連絡をいただいた方は1名だったので驚いたが
いずれも家族葬をされたらしい。いま、冠婚葬祭の形もどんどん変化しているようだ。



知り合いの花友さんがブログのなかで不誠実な形で非難されて苦境にある。
インタ-ネットが普及してSNSやブログが普及すると自分の趣味を深めたり、知識を増やしたり、
日記やメモがわりに記録を残したり、前向きな気持ちでITの世界に足をいれる。
そして他の人のブログを眺めていると自分もブログを発信したくなるものだ。
ブログを書き趣味を通じて知り合いを増やし、楽しい会話を広げたいし、
自分の考えを発信してほかの人の意見を聞いてみたいと思う。
しかし、個人情報の漏洩を気遣いながら自分の情報を不特定多数の世界に向かうのだから
そこはおのずと限界のある世界にならざるを得ない。
それでも、それがぎりぎり成立しているのはHNを使った偽名のバ-チャルだからだろう。
そして、本当の自分が表に出でないということは、好き勝手な言いたい放題も起こる。
限界のある世界とは、厳密なル-ルを設定しないと成立しない狭い世界だということだろう。
ものごとの多くは広く浅くか狭く深くのどちらかを目安に進めることになる。
ブログの交信で起こる揉め事はブログの性質上、ブログを通じて当事者だけで解決できない場合が多い。
秘密にすべき信書を公表して不特定多数の人にオ-プンにしているのだから不特定多数の人から様々な不特定な意見がでる。
ブログを発信する人は、そうした意見を受け取って、自分の立場を明確にする必要がある。それしかできない。
人の世界、意見の相違があって当然だし、それがブログの値打ちだと思う。

わたしは、自分のブログに自分の好き勝手に記録すべきだと思うことを(自分に向かって)書いている。
中身はといえば極めて個人的な、時としてつまらないことを書いている。なので、コメントもなくブログの内容でトラブルは起こらない。
ブログでのトラブルはコメントを介して起こることが多い。これは現象として大切なことだろう。
コメントは見かけ上は対話の一節ように感じるがそうではない。文字に残る記録だ。
だから、コメントの書き手は読み手のことをよくよく意識して書くことだろう。
しいていうなら、本文に対するコメンテ-タ-だという解説者の意気込みで意見を書く事だろう。

とにかく
相手に説明が通じないことは苦痛以外のなにものでもないが、自分の立場や気持ちを明確に宣言すること、
それ以外に良い方法はないと思う。

「待った」ができたらラッキ-だけど
喧嘩ならば一歩譲って両成敗、
辛い苦境が未来への糧ならば乗り越え、
悪意ならば回避し狂犬には近づかず
どちらが正しいかと争い続けるより、次に何をすべきかを知ろう
それが人の営みであるように思う
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えんてつ

Author:えんてつ
FC2ブログへようこそ!
兵庫県の中山間地域に夫婦で住んでいます。
2015年3月に現役リタイヤ-しました。
これから先は未知の世界です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。