スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のニュ-スで福島第一でメルトダウンした核燃料の残骸らしきものが撮影されたとか。

メルトダウンというと地震のあとの原発の爆発のときを思い出す。原発でいったい何が起こっているのか?事故は一体どの程度のものなのか?放射能はどこまで広がったのか?こうした重要な情報がいっこうに出てこなかった。Webに長けたブロガ-からは海外からの情報を発信して注意をうながしてくれる人もいたが、内閣官房長官は「ただちに影響はありません」を繰り返すばかりだった。爆発の映像が流れて、多くの人たちは、これはもしかして放射能がまき散らされたのかもしれないと知りながらも、パニックにもならず、以前と変わらぬ生活を送っているように見えていた。テレビでは原発の専門家が登場はしても最終的には政府の方針を語って、なんら専門的なことを説明しなかった。

そのような経緯のあと、東大の安富歩という先生が人を騙しやすい言い方(言語体系)があるのではないかと感じた。現代日本人と原発との関係は、戦前の日本人と戦争との関係によく似ているということだった。勝ち目のない戦争を続けて、原爆を投下されてもなお戦争をやめることのできなかった戦前の日本と同様の何かがあるのではないか。安富教授はそのように感じ、そこに共通する根本的なことは欺瞞的な言語体系だったということに気が付いた。

安富教授が気づいたのは、福島原発事故の直後に、NHKに出演した同僚でもある関村直人・東大大学院教授の話しぶりだったという。関村教授は不安でテレビにかじりつく視聴者に向かって、実際に起こっていそうなことよりも、ずっと楽観的な「安全」を強調し続けた専門家だった。1号機が爆発したのではないか?という一報にも「排気塔の爆破弁を作動させた可能性がある。」などとそれらしく解説していた。

「過酷事故」が目の前で起こっていても、官僚や学者は原発を安全と印象づける「欺瞞言語」を手放さなかったと安富教授はいう。この話し方は東大で見聞きする独特の話しぶりにそっくりだと思ったらしい。ちなみにこうした「東大話法」とは、東大OBが最も巧みに操るだけではなく、出身大学とは関係なく散見されると。爆発事故を「爆発的事象」と表現してそれを繰り返した官房長官の表現は典型的な東大話法という。「正しくない言葉で、まずだましているのは自分自身。目の前で爆発が起こっている現実を直視できなくなり、正気を疑うようなことも平気でできるようになる。つまりは卑怯者になってしまう。」


「東大話法」にだまされないためには、どうすればいいのか。安冨教授は、「東大話法」には 以下の20の法則があるという。
○規則1:自分の信念ではなく、自分の立場に合わせた思考を採用する。
○規則2:自分の立場の都合のよいように相手の話を解釈する。
○規則3:都合の悪いことは無視し、都合のよいことだけ返事する。
○規則4:都合のよいことがない場合には、関係のない話をしてお茶を濁す。
○規則5:どんなにいい加減でつじつまの合わないことでも自信満々で話す。
○規則6:自分の問題を隠すために、同種の問題を持つ人を、力いっぱいに批判する。
○規則7:その場で自分が立派な人だと思われることを言う。
○規則8:自分を傍観者と見なし、発言者を分類してレッテル張りし、実体化して属性を勝手に設定し、解説する。
○規則9:「誤解を恐れずに言えば」と言って嘘をつく。
○規則10: スケープゴートを侮蔑することで、読者・聞き手を倒喝し、迎合的な態度を取らせる。
○規則11:相手の知識が自分より低いとみたら、なりふり構わず、自信満々で難しそうな概念を持ち出す。
○規則12:自分の議論を「公平」だと無根拠に断言する。
○規則13:自分の立場に沿って、都合のよい話を集める。
○規則14:羊頭狗肉。
○規則15:わけのわからない見せかけの自己批判によって、誠実さを演出する。
○規則16:わけのわからない理屈を使って相手をケムに巻き、自分の主張を正当化する。
○規則17: ああでもない、こうでもない、と自分がいろいろ知っていることを並べて、賢いところを見せる。
○規則18:ああでもない、こうでもない、と引っ張っておいて、自分の言いたいところに突然落とす。
○規則19:全体のバランスを恒に考えて発言する。
○規則20:「もし○○○であるとしたら、お詫びします」と言って、謝罪したフリで切り抜ける。

日本人は困難な状況下でもパニックにもならず、理性的な行動をとる規範に満ちた民族であるとされているが、単に騙されやすいだけで、真実から隔離されている、ということらしい。嘘も方便とはいうが、いまさらながら安倍首相も隅から隅まで「東大話法」の20の法則を駆使していることは明白だ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えんてつ

Author:えんてつ
FC2ブログへようこそ!
兵庫県の中山間地域に夫婦で住んでいます。
2015年3月に現役リタイヤ-しました。
これから先は未知の世界です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。