スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホンモロコは春になると産卵する。いま親魚として育てているが、もしものことを考えて三か所で分散させて飼っている。一か所でトラブルが起こって全滅するようなことがあっても、あとのところが大丈夫であればということだ。でも、これは自信の無さでもある。

先日来の大雪で田んぼを掘ってこしらえた養殖池の排水設備がトラブルになった。この池は山の中にある灌漑用池からホ-スで給水し、排水はオ-バ-フロ-形式の排水パイプから出てゆく仕組みだ。よって養殖池の水位は給水があるかぎり排水パイプの高さに維持される。

で、トラブルというのは、この排水パイプのオ-バ-フロ-パイプが凍結して詰まり、水位が上昇して池から水が溢れたこと。養殖池になっていないところは元の田んぼなのでオ-バ-した水はそこに溜まることになる。昨年までは元の田んぼの部分は排水口がなかったので雨が降っても水が溜まっていたのだが、作業がし辛いので排水口をつけて常に排水する状態にしていた。

問題は、養殖池からオ-バ-した水と一緒にモロコが流失したのかどうか? いま厳冬期でモロコはほとんど動かないので養殖池のどこかでじっとしていると思うが、今のところ行方不明となっている。養殖池の大きさに対して魚の数が少ないので魚の有無が分からない。これは想定外ではなくて想定しておかなくてはならないことだった。

さて、魚の飼育にあたっては鳥や獣に食べられるというリスクは当然の予想で網を張ったりテ-プを張ったりして防御したが、魚を食べるヘビがいるぞ!と聞いて調べてみたらミズヘビというのが魚を主食にしているという。しかし、この種類は日本にはいない。ただし、まだ、見つかっていないだけかも知れない。


http://hukumusume.com/douwa/PC/aesop/02/07.htm

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えんてつ

Author:えんてつ
FC2ブログへようこそ!
兵庫県の中山間地域に夫婦で住んでいます。
2015年3月に現役リタイヤ-しました。
これから先は未知の世界です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。