枝垂れ梅20170218

ぼちぼちと梅も咲いてきました。
これは枝垂れ梅なんですが、手入れが不十分であちこち徒長枝だらけです。


北朝鮮の金正男氏が殺害されてびっくりというか恐ろしい話。
身内のいざこざなら暴力団と同じではないか、おそらく北朝鮮の政権はだんまりでやり過ごすつもりだろうが、本当に何をするかわからない。

トランプ政権の安全保障担当のフリン補佐官が辞任したが、理由はロシアとの交渉を行って上司の副大統領に報告しなかったことだという。報・連・相は仕事の基本だが、こんなニュ-スを聞くにつけて安倍政権の閣僚は責任感がない。特に稲田防衛大臣は何とか優等生の姿でありたいと思っているのだろうが、管理監督能力がまったくないことが露呈した。日本のために早く辞任というかやめさせるべき。

安倍晋三小学校の話には呆れてしまった。9億円の国有地(国民財産)を1億円におまけして安倍首相の知人に売り渡したらしいが、デスカウントした8億円分は誰の責任なのか、明確にすべきだろう。

いま日本の6世帯に1世帯は4000万円以上の金融資産を持っている。その資産は見え隠れしてつかみどころがない。安倍政権は国民の資産が表にでる瞬間をとらえて確実に捕捉して見逃さないために、経済活動をしない赤子や幼児まで国民一人一人にマイナンバ-を振り分けた。個人にかかわるお金の動き・・・日々の買物の金額、賃金の支払い、保険の加入や解約、遺産相続、預金の動き、投資資金の動きなど、お金が動いたときをチャンスに国民の資産を補足して・・・・見かけ上は脱税の防止のためだとしているが、本当は将来の年金や保険や介護の国庫負担をどこまで減額できるか調べようとしている。国民のひとりひとりを支配するこのような制度は、歴史的には個別人身支配とよばれてきた。民主主義といいながら著しく生活の夢と自由を奪う制度であり、国民は政治信条に関係なく意義をとなえないと生活への不安が増大するばかりだ。

安倍首相にアベノミクスを唱えた浜田宏一・米エール大名誉教授がアベノミクスが失敗になりそうだと言いはじめた。デフレ脱却には物価の上昇しかないと2%の物価上昇率を目標にしたが達成の見込みはまったくない。市場にお金をばらまけばインフレになるという甘い考えが仇になった。日銀がバラまいたお金は、ほとんどが日銀の金庫に舞い戻って、一部は企業の内部留保となっている。その上、トランプ新大統領は日本を「円安誘導」していると批判している。そういえば安倍首相はアベノミクスという言葉自体も使わなくなったのではないか。経済指標の中に少しでも良いと思われる数字がでたらこれ幸いと宣伝にことかかないが・・・・じつは、
平成29年4月に予定されていた消費税の8%から10%への増税が平成31年10月まで延期されたが、それが視野に入ってきたのだ。延期にあたって安倍首相は、平成31年には政治生命をかけて必ず実施すると断言したが、それを信じるなら安倍政権は平成31年で終わるということになりそうだ。

そういえばNHKの岩田明子解説委員の言動は安倍首相の報道官かと思うばかりだ。良いと思われることを言うのは悪いことではないが、それが過ぎると真実味が無くなるというものだ。報道というのは、最低限、真実を中立の立場で伝える仕事ではないのか。NHKから離れて自民党の広報担当者になるとよいのではないかと思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

先日、久しぶりで放射線の話題がでた。
いくつか質問されたが、放射線が目には見えないけれど光であることを知らない人がほとんどでびっくりした。福島の原発事故のあとあれだけ関心があったのに~と思いましたが人の世の習いとはこんなことでしょうか。

あなたが懐中電灯をもって夜道を歩いているとき・・・・
前方に怪しいものの雰囲気を感じたとする。
足元を明るく照らしていたライトを急いで前方へ向けたとき
遠くを見るにはそのライトではまだ暗いと感じるだろう

あなたの持つ電灯の電池が減っているとき発する光は暗いので
いつもと同じ明るさで照らすには、モノに近づけることになるだろう

ある場所での放射線の強さは、何で決まるのか
放射線が光であることを知っていればわかりやすい

その場所での放射線の強さは、照らされている明るさそのもの
そして光を出しているライトというか光源のことを放射能という。

強い放射能をもつものがあっても遠くにいれば受ける放射線は少ない
弱い放射能をもつものであっても近くにいれば受ける放射線は大きいくなる

その物質がどのぐらいの放射能をもっているのかどうか、それが心配になる。
それを表す基準がある。
放射線は核物質が核分裂したときに発射されるので、一秒間に何回核分裂を起こしているのか、その回数で表される。単位はベクレルという。

いま1000ベクレルの放射能を持つ物質と8000ベクレルの放射能を持つ物質があるとしよう。ある人が1000ベクレルの物質から5mの場所にいたとすると、これと同じ放射線をうける位置が8000ベクレルの物質ではどれぐらいになるのか? 放射能が8倍違うので5mの8倍の40mかといえばそうではないのです。

答えは、放射能の倍率を平方(ル-ト)した倍率になるのです。
5m×(ル-ト8)=5m×2.828=14mあたりです。
目に見えるライトの光でも基本的に答えは同じです。

で、放射線を表す単位はもう聴き慣れた「シ-ベルト」です。



物理化学の世界では、調べること、いわゆる観測が最重要なことなのですが、細かく詳しくしらべようと焦点をあてると、全体の姿が見えにくくなるということで、観測する条件がとても大切なことです。そして観測結果をまとめることを分析といいます。

あっ、政党の世論調査も同じです。聞き取る人の数と調査地域の取り方です。世論調査の場合は、全体の結果だけを公表していますが、本来の分析なら地域ごとの差異があるのかどうかが重要なのですが、そうした情報はなぜか秘密にされています。
プロフィール

えんてつ

Author:えんてつ
FC2ブログへようこそ!
兵庫県の中山間地域に夫婦で住んでいます。
2015年3月に現役リタイヤ-しました。
これから先は未知の世界です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる