昨日の夜、お風呂で気が付いたこと。
夜の9時ごろだったと思う。
家の裏山で鹿が鳴きまくっていた。
この時期の鹿の鳴き声は、どこか悲鳴のようなイメ-ジがする。
鹿の鳴き声は、オスがメスを呼ぶ声だといわれているが
ずっと聞こえていて、とても一頭が鳴いているとは思えない。
おそらくオスどおしの威嚇の意味もあるのだろうと思う。

メス鹿は一年で24時間しか発情期がない。
正確には受胎しなかったメス鹿はおよそ一月ごとに24時間の発情期がくる。
秋が恋の季節で、翌年の初夏に出産する。
お腹の子供のために秋から冬場は大食いする。農作物も食べにくる。
当地ではイノシシよりも鹿の被害が多い。
毎年、家の前の田んぼに鹿が現れるが、二頭の犬が鳴き騒いでも動じない事が多い。

猟をする人に聞くと、イノシシは食べようという人は多いが、鹿は少ない。
わたしも鹿の肉を食べたのは一度だけだ。
11月から猟期がはじまるが、有害鳥獣駆除は年間を通して行われている。
市内には猪肉の専門店はあるが鹿肉の販売店はない。
モロコより鹿肉の方が利用価値が高いという人も多いが、野生の鹿ならともかく
鹿を養殖して肉にするということになると難しい気がする。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。

えんてつさんの裏庭では、鹿がお出ましになるのですね。
畑は大丈夫ですか?

北海道では、増えすぎてしまった野生のエゾシカに困り果て
狩猟し、その肉を食べることで環境を守る取り組みが行われています。

ルイべにして生で食することも多いようです。
カレーも美味しいとか?
私は、鹿肉は苦手です。

No title

Lapisさん、こんにちは。

こちら幸いにも台風は大きな被害はなかったです。
いま北海道が暴風圏に入っていますが、被害が出ないことを祈っています。

このあたりでの鹿の一番の害は、田植えしたての稲を食べることです。
畑の害は鹿よりアライグマのほうが大きいかもしれません。
畑は網で囲っています。電柵は犬もいるので止めています。

鹿肉の利用とかシステムが出来ると可能なのかな~と思います。
いまの状況は掛け声だけのレベルなんですが、鹿のためにも食べてあげるのが良いと思います。

あっちもこっちも多重HNだこと

えんてつさん。

「窓のない部屋」は葬りますのでお知らせに上がりました。

人の人生なんていつどこでどうなるやら。
どうせ関わるのであれば「陽」の場所が私は好きなので、
「陰」の場所からは綺麗に消えます。


自ら招いた人との争いごとに、
自分でけりもつけられないような姿は観て居れませんし、
見届ける気持ちも失せました。



病は時として「不幸中の幸い」を運んでくれる気がしてなりません。
私は持てるだけの「陽」で家族を包み病から救う気持ちでおりますので、ここにもお邪魔することはもうありませんが、どうぞ、えんてつさんも、御身ご自愛ください。

No title

菜菜さん、こんにちは。お久です。

お気遣いありがとうございます。菜菜さんもお体には十分注意してくださいね。そして、これからもよろしくです。

PTさんが、リハビリが仕事だと思って頑張って下さいというんですが
回復するにしたがって気持ちも変化してきますね。


>人の人生なんていつどこでどうなるやら。
どうせ関わるのであれば「陽」の場所が私は好きなので、
「陰」の場所からは綺麗に消えます。
自ら招いた人との争いごとに、
自分でけりもつけられないような姿は観て居れませんし、
見届ける気持ちも失せました。

これが出来るなら、賢明な判断だと思いますが、陰と陽は見方次第ということもいえるだろうから生きる知恵の発揚させどころでしょうか。ただ、自分が関係したことが泥沼化して自分がただただ沈み込んでしまうだけなら、自分の立ち位置を明らかにしておくだけで良いのではないかと思います。

>病は時として「不幸中の幸い」を運んでくれる気がしてなりません。
私は持てるだけの「陽」で家族を包み病から救う気持ちでおりますので、ここにもお邪魔することはもうありませんが、どうぞ、えんてつさんも、御身ご自愛ください。

ひどい病にかかると自分の姿を見直すきっかけになりますね。一旦、目先の実生活を諦めないといけなくなると、人間関係も含めて自分の環境というかおかれた立場と責任が見えてくる。自分の描いてきた絵姿がそのまま実現できるというのがほとんど奇跡に近いことのように思います。今日と明日が確実なのは、自分のやるべきことが何かひとつだけでも存在するということだと思います。それがもし他の人との争いごとであったとしても、他人事でなければ大事なことだと思います。そして、いま、ご家族を持てるだけの「陽」で包み込んで病から救うことが菜菜さんのお気持ちだとしたら、もうそれ以上の何があるというべきなのでしょう。身を削るようなことがあっても、それが肥しとなれば満足できるのではないかと思います。


私のこれが今の想いです。

>自分の立ち位置を明らかにしておくだけで良いのではないかと思います。
そうです、明確にするために言葉を使うのです。
あなたとの関わりにも終止符を打つことが私の望みなのです。

でも伝わらないから、えんてつさんはこのような言葉をお書きになる。
>そして、これからもよろしくです。
まぁ、お愛想だと聞き流せばいいだけなのかもしれませんね。



私の立ち位置は「ネット上で個人情報を流された」ことを、今後公の場で争うか、思いとどまるか、が、立ち位置なんです。

それは今までとなんら変わらない。

物事にケジメヲ付けるならば、言うべき時に「言葉を使うのは」正しい判断です。

想いは相手に伝わらなければ意味がないから。
ただ、どのように伝わるかは、受け方次第ですからね。
それを私の意のままに・・・とは願いません、お好きにどうぞ。

ではでは、短い縁でしたが、ありがとう。

************

2017年9月23日 11:45頃の編集にて追記コメントをしました。

えんてつさん、この場をお借りしますね。

blogに一度投稿をしたコメントの「編集」機能についてのテストです。

一度投稿されたコメントの書き換えが出来るかどうかのテスト。

FC2blogができることは私は知っています。
では誰が「書き換えが出来るか」については、この場では、えんてつさん(blog主)はできない。

私が投稿したコメントなので、私なら編集(書き換え)ができる、ちなみに、一度は投稿したけど、もういいやぁ~と思えば削除もできます、このブログならね。
ただし、先に投稿した時に「編集用のパスワードを入力していないとダメ」


他のブログは?できるのかな?
アメーバーでは一度投稿してしてしまうと「編集」はできません。
blog主も、コメント投稿者本人も、どちらもできません。

以上、単なるテストです。

Re: 私のこれが今の想いです。

菜菜さん、こんにちは。

おっ、わたしには菜菜さんとの係わりに終止符を打つ理由がないのですよ

>物事にケジメヲ付けるならば、言うべき時に「言葉を使うのは」正しい判断です。

正しいかどうかは別にして、ケジメを付けるのに「言葉を使う」のは有効だと思います。
人間関係は双方向なのだから「正しい」ということも難しい場合もある。
ものごとは自分中心で理解しないとかえって誤解を生むこともありますからね。

菜菜さんのご判断ですから、わたしは無責任でなければものが言えない。
建玉がマイナスになっていても見かけ上で、決済しなければマイナスではない。
で、決済は本人のするべきことですからね。
わたしのブログを訪問される方は、ほんのごく少しの人です。
でね、「これからもよろしく」とは、わたしには菜菜さんとの関係を決済する必要がないという
意味です。

ありがとう。何事も頑張るのではなくて、真面目に取り組みたいですね。

プロフィール

えんてつ

Author:えんてつ
FC2ブログへようこそ!
兵庫県の中山間地域に夫婦で住んでいます。
2015年3月に現役リタイヤ-しました。
これから先は未知の世界です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる