平成29年夏の事

今年の夏にほぼひと月ほど入院した。すでに会社員としては現役引退しているので幾分のんびり気分でいられたが、趣味で始めた魚の飼育管理があった。魚の飼育はもちろん家内の仕事ではなかったが、暑いさなか魚たちを守ってくれた。わたしは、家内が魚の面倒をみるのはしごく当たり前だという前提であれこれお願い事を指示した。

相手との関係がこの状態では具合が悪いと思う時、一生懸命だと知恵が出るが、中途半端だと愚痴が出てくる。愚痴そのものは別に悪いとは思わないが、理解不足だし努力不足だろう。相手に良き状態を期待するなら、まず自分が良き状態になるべきだ。

たとえば奥さんに良妻賢母を期待するなら、旦那は自分自身が良夫賢父(?)しているかどうかだろう。奥さん料理が下手なら、旦那が代わりに作れば良い。失敗してもいちいち相手を責めない。そのためには夫婦の仕事は相互分担であるということを理解しあっているかどうかだ。

相互分担の理解があるかどうか、それは生活のひとつひとつに「助かるよ、ありがとう」という感謝の気持ちを伝えているかどうか、これこそが心遣い。男からみたらどうでもいい様な、くだらない話も、ひとつひとつきちんと丁寧に聞いて答える。そう言う小さなことの積み重ねが必要だろう。

家内のために、やれる事は日常の中でいくらでもあるな~というのが入院生活で気が付いたことだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えんてつ

Author:えんてつ
FC2ブログへようこそ!
兵庫県の中山間地域に夫婦で住んでいます。
2015年3月に現役リタイヤ-しました。
これから先は未知の世界です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる