FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時間と時刻の話・・・・定時法と不定時法

季節によって1時間の長さが変わらないのが定時法、変わるのが不定時法です。現在一般的に使われているのは定時法です。でも歴史的には、同じ単位が定時法でも不定時法でも用いられているので、どちらが使われているか注意が必要です。

江戸時代の生活でも時刻は大切な指標に違いなかったでしょう。でも現在のわたしたちの使う時刻と根本的に違うところがありました。江戸時代は季節に関係なく夜明けの時刻と日の入りの時刻は同じでした。不定時法といって、1日を昼と夜に分け、それぞれを6分割して時刻を決めていました。 当然のこと昼の長さは季節によって変化しますので、1時間の長さも季節によって変化します。

具体的には、江戸時代では夜明けを明六つ、日の入りを暮六つとして、その間を6等分して昼の時刻を決め、暮六つから明六つまでを6等分して夜の時刻を定めていました。そして時刻の表示は、厳密な記録ではたとえば「明7時7分」のように表され、この場合は、夜明けを明6時として、その季節での夜明けから日の入りまでを6等分したうちの1時間分と1時間 分の十分の七(7/10)だけ過ぎた時刻を表しています。

こうした不定時法で江戸時代の人々は生活をしていましたから、一日の労働時間は、夏は長く冬は短くなってしまいますが、とくに大きな問題もなかったようです。この時刻の決め方では、季節に関係なく明9時(明九つ)と暮9時(暮九つ)は同じになります。夜明けはいつも明六つで日の入りはいつも暮六つという時間の決め方ですから、現代では到底受け入れられませんが、時間そのものも支配者のものだったといえるかもしれません。

さて、江戸時代の技術屋さんにとっては、この不定時法は季節によって時間が違うと言いうことで、別に普遍的な基準となる時間の定義が必要でした。そこで考案されたのが1日=100刻という単位です。これでいくと1刻の長さは、現代的な表記では14.4分ということになります。また時刻には十二支を使った十二辰刻がよく使われました。1辰刻の間隔は、現代的な表記では2時間となります。各刻の初めは初刻、真ん中は正刻といいました。現代的な時刻表記で23時から1時までにあたるのが子の刻で、この中央が子の正刻=正子です。以下2時間ごとに十二支を順番に割り当てられました。現代的な表記で11時から13時までにあたるのが午の刻で、この中央が午の正刻=正午です。正午の前の時間帯が午前、後ろが午後という表現は今でも使っています。

現代を生きるわたしたちは時刻を見ながら生きていますが、昔の人々はそれぞれの季節の朝と昼と夜が生活の基準でした。それが科学技術の進歩とともにより細かい時刻の正確さが必要になってきました。学問的には正確な時刻というのは暦の正確さということになります。過去においては、正確な時刻を決めるために、いろいろな場面で時刻の考案がされ「刻」や「分」という表現が使われますが、常に同じ定義とは限らず、異なる定義が混在することさえありました。

暦法上一般的には1日=100刻=12辰刻=現24時間、すなわち1辰刻=8+1/3刻=現2時間となりますが、古代の具注暦では1日= 50刻=12辰刻、1辰刻=4+1/6刻、延喜式では、1日= 48刻=12辰刻、1辰刻=4刻となっています。現在、私達が日常において使用している時間の数え方は、地球が太陽を1周するのに要する日数(1回帰年=365.2422日)を365日として数え、毎年の余りとなる0.2422日分の誤差を修正するために、4で割り切れる年を閏年として1日増やし(1年=366日)、100で割り切れる年を平年(1年=365日)とし、ただし400で割り切れる年は閏年とする、という方法で、グレゴリオ暦と呼ばれています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えんてつ

Author:えんてつ
FC2ブログへようこそ!
兵庫県の中山間地域に夫婦で住んでいます。
2015年3月に現役リタイヤ-しました。
これから先は未知の世界です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。