FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍政権は常識外れのことが連続している。昨日、森友問題の重要人物のひとりである佐川国税庁長官が辞任した。辞任の流れは麻生財務大臣から減給などの懲戒処分を受けて辞表をだしたということのようだ。ここまでいろんな内部資料が出てきても資料は廃棄したということでゼロ回答を続けてきたことの異常性というか杜撰さには驚かされるが、辞任にあたって一番驚いたのは、辞任後の記者会見で、麻生財務大臣が、懲戒処分をした佐川氏を有能な人物だと褒めたたえたことだ。そのうえで麻生大臣は自分の任命責任もないという話をしていたが、こうした常識外れがまかり通ることは恐ろしい。

安倍政権にとっては事実の露見を防ごうとしてついたウソだからウソにウソを重ねないと辻褄があわなくなった。そして気の毒にも関係者が自殺するという松本清張のサスペンス小説のようなトカゲの尻尾切りのような事態になってきた。この事件の根っこは、安倍政権に代表される政治の右傾化がある。国民の大多数が知らないうちに戦前戦中の軍国主義を復活させようという勢力がじわじわと動いていた。彼らは平和のためには戦争は不可欠で、日本は平和ボケしていると宣伝してきた。戦争が経済活動であることはいまの国際情勢をみても明白だ。経済か戦争か、そうした選択は庶民の苦しみを知らない政治家の陰謀に違いない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

日本人はこまやかな気遣いのできる民族だときいたことがある。
現役のころ営業マンが役人を職場に連れてきたことがあった。
そのとき、役人さんの見学場所は小ぎれいにしておくことや
お昼はどこで食べるとか、お土産も準備するとか・・・・
おおきな粗相がないように事前に打ち合わせしたことがあった。

森友問題では、財務省の役人が安倍首相や夫人に忖度して、ことを
進めたというのが本当の話だったのだろう。
国会中継など見ていても大臣が自分の言葉で質疑に答えることは皆無だ。いつもいつも役人の書いたメモを読んでいる。
そして、それが、おかしなメモだったりすると大臣や政治家から叱られる。
そういうことをしながら逆に役人さんは政治家を操っていく。

病院で読んだ週刊誌に忖度は日本の歴史的文化だと書いてあった。
よく気が利くということは、生きる知恵だとも書いてあった。

国有財産をおおまけしてタダ同然で払い下げるという行為があった
としても、それなりの理由があれば問題にはならない。
人に聞かれてきちんとした説明が出来ればよい。
森友問題でも役人が忖度してことを進めましたと正直に説明すれば
忖度自体が問われることはないだろう。

土地の有効利用においてはタダで払い下げることがあっても将来有益なことであれば何の問題もない。それが特定の個人や団体だけの利益になるというのであればゆゆしきことになる。

安倍首相はまず森友問題を第三者機関に調査させて麻生財務大臣を更迭するのが筋道ではないだろうか。そうして調査結果が判明したのち総辞職をするべきだろう。
プロフィール

えんてつ

Author:えんてつ
FC2ブログへようこそ!
兵庫県の中山間地域に夫婦で住んでいます。
2015年3月に現役リタイヤ-しました。
これから先は未知の世界です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。