FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

枇杷2018317

裏庭の枇杷 けっこうな大木になってきました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

アメリカ・トランプ大統領の人事の激しさは異常だ。こうした事情は個人の資質というか性格によるとしか思えない。ただ政策の大転換を行う場合は人事は重要なことはいうまでもない。

共同通信は21日、日本政府が最近複数のル-トを通じて北朝鮮側に安倍晋三首相と金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮労働党委員長との首脳会談を希望するという意思を北朝鮮側に伝えたと報じた。

さて、北朝鮮問題で日本は韓国、アメリカから置いてきぼりになってしまったのだろうか。
菅義偉官房長官は22日、日朝首脳会談を推進しているという報道に関連して「北朝鮮と様々なルートで意見を交換してきた」と説明した。北朝鮮へは経済制裁という圧力だけを掛けていると言い続けてきたが、裏で交渉というか対話していたのだろうか。

菅官房長官は定例記者会見で「北朝鮮に首脳会談を提案したのか」という記者質問に「北朝鮮との間では日朝政府間協議や北京での大使館ルートなど様々な機会と手段を通じてやりとりを行ってきている」と話した。菅官房長官は「詳しい内容に関する答えは控えたい」としつつも、北朝鮮に会談を提案したこと自体に対しては否定しなかった。

そして「日本政府が北朝鮮に対して対話に方針を変えたのか」という質問には「従来の方針に変わりはない」と話した。同時に、「我が国としては日米韓3カ国の連携に基づき、核ミサイル、拉致問題の包括的解決に向けて対応している」としながら「何が最も効果的かという観点で対応していく」とも説明した。

 北朝鮮とアメリカとの首脳会議は大変有意義なことだが、国との交渉は積み上げが重要で一挙にことが成就するということは稀なことだ。今回の場合、もしも会談が大きく決裂した場合には軍事衝突の危機となる。トランプ大統領の不安定な外交人事をみていると目先のことに焦点が当たっていて危ない。もしも北朝鮮とアメリカのトップ会議が実現するのが具体化されたら韓国にいる邦人は一時帰国したほうが良いだろう。
プロフィール

えんてつ

Author:えんてつ
FC2ブログへようこそ!
兵庫県の中山間地域に夫婦で住んでいます。
2015年3月に現役リタイヤ-しました。
これから先は未知の世界です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。