琵琶湖は大きいのでいまでも生業としての漁業が成立している。そして海洋の沿岸に漁港があるように琵琶湖にも漁業の基地としての港がある。わたしの育ったところにも赤野井漁港という中規模の船着き場があった。

琵琶湖の魚で有名なのは鮒ずしだろう。乳酸発酵させた熟れ鮨なので、臭くて食べられないという人がいるが、こればっかしは慣れだと思う。あるとき関東の知人から、ぜひとも食べてみて下さいと「くさや」という干物のようなものをいただいたことがあったが、問題なく美味しかった。鮒ずしはニゴロブナという鮒を原料に作られる熟れ鮨で、子供の頃は家で漬けていた。樽に漬け込むので外見は大根のお漬物とまったく同じように見える。

祖父は毎年鮒ずしを漬けていた。20センチぐらいのニゴロブナの鱗を取って、エラのところから針金のような道具で内臓を取り出したのち塩をまぶして樽に漬ける。塩をケチると腐敗してしまうので塩のなかに魚がいるような感じで、一樽で50匹ぐらい漬け重石をのせる。半年以上漬け込んだ後で取り出して一匹ずつ綺麗に水洗いする。このとき鮒は硬く石のようにカンカラカンになっている。これに今度はご飯を詰めて漬け込む。早くて3ヶ月すると食べられるようになる。大切なのはハエが卵を産み付けないようにしっかりカバ-しておく。だだし、鮒ずしは常食ではなく祭りや法事などの「何度事」のときにしか出てこない。下痢などしたときには、鮒ずしのご飯のところを薬だといって食べさせられた。漬かりすぎると酸味が強くなるが、そのあたりは好き好きということだろう。

熟れ鮨は他の魚でも作れるが鮒ずしほど手間をかけない。琵琶湖特産のハスの熟れ鮨も美味しい。栗東にはドジョウ鮨というドジョウを使った熟れ鮨があるが、あれは臭くて恐ろしくてわたしにも食べられない。

湖国では鮒の子供のことをガンゾと呼んでいたが、たいていはニゴロブナの子供だった。小さな川にもうじゃうじゃといたし、簡単に採れた。それが今では貴重な魚になっているとか。ホンモロコについでガンゾも琵琶湖から少なくなっているとは悲しいことだ。

去年、たまたま鮒ずし屋さんを訪ねた時の写真。今は樽ではなくポリ容器が使われてはいるが、魚という文字がなければ沢庵漬けのように思うだろう。

尼崎市の職員のなかに、市政や世情を上手くコントにして市民に説明しているという元漫才師の方がいて、先日、新春旗開きに登場された。この職員さんの話を聞いていて、会社員になりたての頃に体験した「文書作成向上研修」を思い出した。文書には自分の資料や記録として個人的に残しておくものと、報告や説明など相手に伝える文書の二種類がある。その何れにも対応するポイントは、短く書く、重複を防ぐ、具体的に書くの、この3ポイントだったように思う。社内文書では、多い少ないという物量に関係するものがある。そういう場合は必ず、副詞や形容詞ではなく数値を使うこと。また事象の表現には主観的な表現をせずに、主観に至った事象の具体的な姿をそのまま文書に表現すること。わたしは俳句形式で自分のメモを残すのが好きだったので需要なのは形容詞だと考えていたが、公式文書では、他人様に正確に伝えるということで形容詞は誤解を招くということに気づかされた。

思い返すと次のようなことだったのかと、

昨日のメモ 久しぶり前後47の忙しさ  ラストには腕に抱かれてワン来る

昨日は一日中非常にたくさんの来客がありとても忙しかった。最後に来られた杉山さんが抱いていた犬はすんごく可愛かった。

昨日は午前に4件、午後からは7件の来客があり忙しかった。最後に来られた杉山さんの犬は白くて毛並みがふさふさしていて両腕にすっぽり収まるくらいの大きさでした。

1657年(明暦3年)1月18日は江戸の「振袖火事の日」の起こった日とされている。この火事では、江戸城天守閣と市街のほとんどを焼失し、死者が10万人にもおよんだといわれている。江戸奉行所の記録では、18日から20日にかけて少なくとも江戸城下の3か所から出火したという。そして、この火事は江戸幕府がみずからが行ったのではないかと言われている。振袖を軸にした因縁話を理由に「振袖火事」と呼ばれているが、火元の本郷丸山本妙寺は何のお咎めも受けていなかった。

新年のNHKの大河ドラマがスタ-トした。戦国ものなど戦の時代の物語は、部将配下の軍師の采配や駆け引きがドラマの重要な見どころになる。また舞台が政争や商人ものなどの場合は、活動の動機がどういう理念であるかということが見どころになる。「西郷どん」がどういう筋書きで進むのか、これからが楽しみだ。

いまノーベル平和賞を受賞したICANの事務総長のベアトリス・フィンさんが来日して各方面の方々と会談を行っている。その発言のいちいちが納得できるので、なおさら安倍政権のぼんくらぶりが浮き彫りになって、日本人として情けないし恥ずかしい。核兵器禁止条約に一刻もはやく加入するべきだ。

きょうは神戸の大地震があった日。あの日は神戸市北区にあった工場の製造課長をしていた。いまでも不思議に思うのは、地震の数分後の6時頃に夜勤者から電話があったことだ。住んでいた地域は震度5で、我が家では幸運にも家具が倒れたりしたものの、家族はだれも怪我がなかった。サイドボ-ドの上に置いていた車のキ-がすっとんで行方不明になって停電の暗闇のなか必死に探した記憶がある。六甲山中の道路は落石で長く通行不能だったが北摂側は当日から走れたので助かった。17日の12時頃に工場の停電が解消されてテレビ画面に映し出された阪神高速の崩壊場面には信じられないというかすぐには理解できなかった。それにつけても工場の被害は人的にも設備的にも大したこともなく済んだことがラッキ-だった。あれ以来、工場では17日に防災訓練をしている。大地震はこれからも発生する。地球内部の事ゆえに現状の我々の知識では期間を示す予報など不可能であるが、大きな視野での予測は可能になっている。その予測がどれだけ役に立つのか、役に立てられるのかは難しい事だ。保険のように結果論的に出てしまった被害を補償することは、良いことだけど後手になっていることは歪めない。起こるかもしれないということを覚悟して社会の各レベルで出来るだけの対応策と行動様式を想定して被害を少なくする訓練をするしかないように思える。多くの方が亡くなられたことを忘れないでいたい。

お断り
わたしのブログの登録は二台前のPCで行ったアドレスとIDで継続していて
そのころの交信相手なかに、数名の知り合いがいて、PCの調子が悪いときに
相談というか、点検修理をお願いしたことがありました。
2016年12月ごろにブログの管理が出来なくなったことがありました。
そのときに一台のPCから複数のブログが発信されていることと
このブログに知らない記事が載りました。
その原因はわたしが勤めていた会社のセキュリテイ--問題からきていました。
わたしの元勤め先の社内RANの管理者はわたしのブログのIDを調べることが出来るらしく
数か月ごとに会社のRANに繋がったPCを調べているようです。
改憲論者というHNで元勤め先からわたしの個人のPCを通じてどこかへ発信しているようです。
内容は不明ですが改憲論者ということですが内容は反自民だと思います。
わたしは、このブログでは政治的な発信はしないようにしています。
プロフィール

えんてつ

Author:えんてつ
FC2ブログへようこそ!
兵庫県の中山間地域に夫婦で住んでいます。
2015年3月に現役リタイヤ-しました。
これから先は未知の世界です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる