枝垂れ梅20170218

ぼちぼちと梅も咲いてきました。
これは枝垂れ梅なんですが、手入れが不十分であちこち徒長枝だらけです。


北朝鮮の金正男氏が殺害されてびっくりというか恐ろしい話。
身内のいざこざなら暴力団と同じではないか、おそらく北朝鮮の政権はだんまりでやり過ごすつもりだろうが、本当に何をするかわからない。

トランプ政権の安全保障担当のフリン補佐官が辞任したが、理由はロシアとの交渉を行って上司の副大統領に報告しなかったことだという。報・連・相は仕事の基本だが、こんなニュ-スを聞くにつけて安倍政権の閣僚は責任感がない。特に稲田防衛大臣は何とか優等生の姿でありたいと思っているのだろうが、管理監督能力がまったくないことが露呈した。日本のために早く辞任というかやめさせるべき。

安倍晋三小学校の話には呆れてしまった。9億円の国有地(国民財産)を1億円におまけして安倍首相の知人に売り渡したらしいが、デスカウントした8億円分は誰の責任なのか、明確にすべきだろう。

いま日本の6世帯に1世帯は4000万円以上の金融資産を持っている。その資産は見え隠れしてつかみどころがない。安倍政権は国民の資産が表にでる瞬間をとらえて確実に捕捉して見逃さないために、経済活動をしない赤子や幼児まで国民一人一人にマイナンバ-を振り分けた。個人にかかわるお金の動き・・・日々の買物の金額、賃金の支払い、保険の加入や解約、遺産相続、預金の動き、投資資金の動きなど、お金が動いたときをチャンスに国民の資産を補足して・・・・見かけ上は脱税の防止のためだとしているが、本当は将来の年金や保険や介護の国庫負担をどこまで減額できるか調べようとしている。国民のひとりひとりを支配するこのような制度は、歴史的には個別人身支配とよばれてきた。民主主義といいながら著しく生活の夢と自由を奪う制度であり、国民は政治信条に関係なく意義をとなえないと生活への不安が増大するばかりだ。

安倍首相にアベノミクスを唱えた浜田宏一・米エール大名誉教授がアベノミクスが失敗になりそうだと言いはじめた。デフレ脱却には物価の上昇しかないと2%の物価上昇率を目標にしたが達成の見込みはまったくない。市場にお金をばらまけばインフレになるという甘い考えが仇になった。日銀がバラまいたお金は、ほとんどが日銀の金庫に舞い戻って、一部は企業の内部留保となっている。その上、トランプ新大統領は日本を「円安誘導」していると批判している。そういえば安倍首相はアベノミクスという言葉自体も使わなくなったのではないか。経済指標の中に少しでも良いと思われる数字がでたらこれ幸いと宣伝にことかかないが・・・・じつは、
平成29年4月に予定されていた消費税の8%から10%への増税が平成31年10月まで延期されたが、それが視野に入ってきたのだ。延期にあたって安倍首相は、平成31年には政治生命をかけて必ず実施すると断言したが、それを信じるなら安倍政権は平成31年で終わるということになりそうだ。

そういえばNHKの岩田明子解説委員の言動は安倍首相の報道官かと思うばかりだ。良いと思われることを言うのは悪いことではないが、それが過ぎると真実味が無くなるというものだ。報道というのは、最低限、真実を中立の立場で伝える仕事ではないのか。NHKから離れて自民党の広報担当者になるとよいのではないかと思う。

きょうは雨模様、どうやら知人のH.P.の工事が完成したらしい。このH.P.では当面の行動計画やら宣伝内容を検討している。共謀罪は必要ないのは当然だが、豊洲問題とかトランプ政権の正体とか、話題は多い。わたしは政党や組合の専従の経験などないし、頭の半分は資本主義的思考になっている。残業時間の問題にしても賃金体系全体がどうなっているかを理解して議論しないと安倍首相に騙されてしまう。

安倍首相の支持率が高いのには腹が立つ、政策内容はすでに破綻しているのに美辞麗句というか言葉尻だけで上手にごまかしている。政治家は日本はもはや先進国ではないという恐れをいだくべきだろう。東京都の問題も最後は同じ釜の飯を食った自民党同士じゃないかということになれば小池知事の魅力も無くなるというものだ。

さて、ウッドデッキを自作したのは5年前、それまでは日曜大工の道具の使い方の練習を兼ねて椅子などの小物や植木鉢の台などを作っていた。いざウッドデッキを作る段になって悩んだのは材質だった。Webやホームセンタ-などで情報収集をして、ウリンという非常に硬いが腐らない「鉄の木」と呼ばれる外材を使用することにした。安物買いの多いわたしにとっては清水の舞台から落下傘で飛び降りた気持ちだった。

わたしと同じ時期にウッドデッキを作った知り合いが数人いる。ウリンを注文した材木店ではH.P.を開設していて設計図や工具についての掲示板があった。いろいろ教えてもらううちに庭造りなどについても意見交換をするようになった。ウリンの値段は他の木材より1.5倍は高い。そして硬いので加工も手間がかかる。でもそのままで日本の気候でも軽く50年はもつということを聞いて気に入ってしまった。

あれから5年近くたった正月明けに材木店からその後の様子について問い合わせをいただいた。で、驚いたのは、同じ年にSPF材でこしらえた人のウッドデッキが湿気で傷んできたらしいというので状況をお聞きしたら、もともと腐りやすいので防腐剤処理とペンキ塗装をしていたが、デッキの裏側から腐食して弱くなり踏み抜いたらしい。この方、尼崎にお住まいということで、ウリンで再挑戦するというので、先日こちらまで覗きに来られた。

普通木材はコ-ススレッド(木ねじ)で簡単に止めることが出来ますがウリンをつかうと、そのままでは食い込んでいかずに、ひどいときはコ-ススレッドが折れてしまいます。なのでひとつひとつにバカ穴という細い穴をドリルで開けてからビスを打ち込むので非常に手間がかかります。三畳ちょい大きめの広さのウッドデッキですが全体でおよそ300本のビスを使用していました。そのことをお話しすると、やはりDIYではウリンは大変だな~と。でも今は強化樹脂木材というのがあるらしくてどうやらそれにすることに決められたらしい。

DIYの道具はピンからキリまであるけれど、ノコギリひとつとっても、電動丸ノコはもはやDIYの道具ではないという考えの人もいる。たしかに、ほとんどの材料は手ノコで十分だ。このあたりのことはDIYをやり始めると道具が欲しくなるから厄介で、欲を出していらないものまで買ってしまう。手間と暇と安全性と費用、この四つの次元の捉え方に個性が出るように思う。ちなみにわたしの最新作は孫むすめに本棚をこしらえた。四段で一番下は観音開きになっている。息子が仕事がてら車で家に寄ったついでに持って行ったので完成品を写真に撮っていないのが残念だ。

園芸の知識を得るのに園芸相談の掲示板が役に立つ。わたしが園芸に染まりかけた当初は毎日欠かさず眺めては役に立ちそうなことをメモしていた。そして数年後には相談事に関して意見など書き込むようになった。それからまた何年かして今度は園芸のSNSに参加して園芸趣味の方々と交流させていただいたことがあった。

現役を引退していよいよ庭造りや果樹や野菜つくりに精を出そうと思ったころに東日本大震災や原発事故が発生した。日本は山紫水明の自然な国柄である。欧州でドイツ人が勤勉だといっても彼らは水の代わりにビ-ルを飲んでいる。仕事で出会ったドイツ人は日本に来て日本の家庭で飲料水でトイレを流しているのをみて仰天していたことを思いだす。

日本は少なくとも原発だけは廃止すべきだ。国民の健康のためにも、国土保全のためにも安全保障の面でも原発は必要ない。もちろん必要悪でもない、絶対悪だ。わたしの夢は庭で高価な珍しい花を咲かせたりするのではなく、晴耕雨読とまではいかなくても魚を飼い土で遊ぶことだったが、意を決して行動を起こすことにした。

ということで、現役引退と同時に軌道修正して政治活動を始めた。いまの政治には国民や国土に思いやりが無さすぎるし、かわいい孫ができたこともある。Webサイトで色んなブログを眺めていると、政治的なブログもけっこう多い。自民党から共産党まで右翼から左翼まで、もちろん政党にこだわらず是々非々だという人もけっこう多い。しかし、強く感じることはご高齢の方が多いことだ。有言実行だと思うに若者が見えにくい。

わたしの故郷では小学4年生ぐらいの時に中江藤樹の話を聞く。中江藤樹は近江聖人とも呼ばれ日本の陽明学の礎となった人だ。藤樹の教えに「至良知」というのがある。その意味は「人は誰でも生まれながらに美しい心(良知)を持っている。その心を汚さずに、鏡のように綺麗にしておく事が大切である」。また人とお付き合いするときには「五事を正す」ということで五つの約束を守るように教えた。それは、和やかな顔つきで人と接し、思いやりのある言葉で話しかけ、澄んだ目でものごとを見つめ、耳を傾けて人の話を聴き、真心を込めて相手のことを思うことだ。

ブログではコメント覧があって一見会話が成り立つように出来ているが、「五事を正す」ことがなかなか難しい。ブログのなかには相手を言い負かすことが中心の不細工なものもある。自分で五事が守れないな~と感じるところには近づかないほうが良いのかもしれないなと思う。

庭の生簀20170214

庭の生簀
この生簀は1.5m3の容量で水位は70%です。
この中にホンモロコが50匹ほど入っています。
厳冬期ということで朝は氷が張っています。
水替えは10日に一回半分ぐらい入れ替えします。
水温が10℃前後になると餌をよく食べるようになります。
産卵の始まるのはいつなのか楽しみです。
たぶん最初の産卵は4月下旬になるのではないかと予想しています。


安倍首相とトランプ大統領の会談については、
尖閣諸島が安保条約の履行範囲である、すなわち日本の領土であることを確認しただけで
安倍首相の擦り寄り、対米追従の姿が異常なのに驚きました。
民主主義国家の首相として、トランプ大統領の7か国の入国停止には何のコメントもなかったとかwww。
いままで通りに日本はアメリカにお仕えしますということが確認されただけですから
オバマ大統領誕生時の参勤交代のときと同じでしたね。
これからのことは、麻生副総理と米側で相談するとか、
これからトランプ政権がその正体を表すのでしょうかね。
麻生大臣で大丈夫なのかな~と。
破たんしたアベノミクス復活の最期の頼りにしているのでしょうか
トランプ教信者の安倍となりました。

相田みつお20170214

相田みつおさんは優しくてその言葉は心に沁みますね。
いつだったか、娘が社会人になって初めてプレゼントをくれました。
プレゼントとか、そういうものに縁遠いところで育ったわたしは
長いこと余裕というものと贅沢の区別がつかないでいました。
プロフィール

えんてつ

Author:えんてつ
FC2ブログへようこそ!
兵庫県の中山間地域に夫婦で住んでいます。
2015年3月に現役リタイヤ-しました。
これから先は未知の世界です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる